SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

お困り日誌

#009 おそばやさんの看板はときどきすごくCAPTCHAっぽいです


おそばやさんの看板はときどきすごくCAPTCHAっぽいです


「認証してほしい! ワシを認証してほしい!」

暖簾の下ろされた居酒屋の入り口に立って
涙声で叫んでいた、あのスーツ姿の初老の男性には
いったいどんな事情があったのだろう……

後ろ髪をひかれる思いで本題に入らせていただきますが、
皆様の手書きの文字は、ちゃんと読めますか?

「上司の字がぐっちゃぐちゃで読めないので
毎日チューリングテストを受けている気分です」

「部下の字がぐっちゃぐちゃで読めないので
わたしは神に試されているのだと思います」

ご存じのように、ワープロの普及からこのかた、
人類の手書き文字は汚くなる一方です。
字が汚いのは自分だけなのではないか、という
不安がどんどん募ってきましたが、
そんなことはないはず……きっと……人類普遍の……

じつは、CAPTCHA認証を開発したエンジニアも、
上司のひどい悪筆にいつも悩まされていたんだそうです。
その上司の筆跡を解析して、その結果をもとに
例の文字をゆがめるアルゴリズムを開発したのだといいます。
(伝聞調で書いてみましたが、まったくの想像です)

そのようにして出来あがったCAPTCHA認証システムは
世界中で爆発的に普及しましたが、開発者は
ひとり釈然としない顔をしていました。
あんなひどい字は読めなくて当然、と主張したかったのに
逆に、これを読めねば人にあらず! というシステムを
うっかり作ってしまったわけで、
目的と結果がずれてしまうのは世の常とはいえ
なんという皮肉な結果でしょう。
ちなみに、上司の方はそのCAPTCHA文字をまったく判読
できなかったため、開発者の方は何度もアルゴリズムの
見直しを余儀なくされたといいます。
(伝聞調で書いてみましたが、まったくの想像です)

そしていま、僕の想像のなかで、冒頭の初老の男性が
ようやく認証されて入店することができました! よかった!
思ったとおり、声紋認証でした。
 

          「お困り日誌」一覧はこちら 

 

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
お困り日誌連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

倉田 タカシ(クラタ タカシ)

「ネタもコードも書く絵描き」として、イラストレーション、マンガ、文筆業、ウェブ制作、Adobe Illustratorの自動処理スクリプト作成など、多方面で活動。
イラストの他に読み札も手がけた「セキュリティいろはかるた」はSEショップより発売中。
河出文庫「NOVA2-書き下ろし日本SFコレクション」...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/2783 2011/01/12 20:34

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング