SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

Security Online Day 2024 秋の陣

2024年9月25日(水)・26日(木)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

DB Press

キーワードは「アジリティ(=俊敏性)」/HPの新たなアプライアンス戦略


5TBまでならかなりお得なデータウェアハウス・アプライアンスが登場した

 もう1つの密結合アプライアンスが、HP Business Data Warehouse Applianceだ。これは4UサイズのラックマウントサーバーDL370サーバー1台にコンパクトにパッケージ化された製品だ。とはいえ、この小さな筐体の中に5TBまでのデータを蓄積でき、96GBのメインメモリが搭載される。これに、3年間分の24時間365日のサポートを含んだ費用は、665万7000円(税込み)。

 ちなみにこれには、SQL Serverのライセンス費用は含まれていない。しかしながら、多くの企業が企業単位でのボリュームライセンス契約を採用している現実もあり、「あえてSQL Serverのライセンスは含まなかった」と寺崎氏は言う。

 中堅規模の企業であれば、現実的には数100GB程度のデータウェアハウスが多いことを考えれば、このデータサイズでも十分だろう。

 3月に発表したHP Business Decision Applianceと組み合わせた場合の価格は、1061万7000円(税込み)となる。「従来数千万円が当たり前のデータウェアハウスが、HPとマイクロソフトの協業により1000万円で手に入る」と寺崎氏。商流もHP ProLiantサーバーを扱っているパートナーから提供できるので、かなり「カジュアル」にデータウェアハウスを導入できることになりそうだ。

 1つ気をつけたいのは、このHP Business Data Warehouse Applianceには拡張性がないということ。なので、導入時にすでに3TB程度のデータ容量があり、今後どんどんデータが増えることが予測されるような場合には、これを選択すべきではないだろう。とはいえ、この上のアプライアンスは500TBクラスのHP Enterprise Data Warehouse Applianceになってしまう。数10TB規模のデータ容量となる場合には、データウェアハウスのリファレンス構成であるHP SQL Server Fast Track Data Warehouseを選択し、自社に最適な構成を検討する必要があるだろう。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
DB Press連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

EnterpriseZine/DB Online チーフキュレーターかつてAI、エキスパートシステムが流行っていたころに、開発エンジニアとしてIT業界に。その後UNIXの専門雑誌の編集者を経て、外資系ソフトウェアベンダーの製品マーケティング、広告、広報などの業務を経験。現在はフリーランスのITジャーナリスト...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/3323 2012/02/10 17:34

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング