SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2024 Summer

2024年6月25日(火)オンライン開催

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

DB Press

キーワードは「アジリティ(=俊敏性)」/HPの新たなアプライアンス戦略


さらなる時短には密結合アプライアンスという選択肢も提供

 HPが提供するのは、疎結合のアプライアンス製品だけではない。すでに3月にはマイクロソフトとの協業による、分析に特化したHP Business Decision Applianceと、エンタープライズ向けデータウェアハウス製品である、HP Enterprise Data Warehouse Applianceという2製品の提供を行っている。これに加え今回、HP Vertica Analytics SystemとHP Business Data Warehouse Applianceという2つの製品が新たに提供開始される。

 HP Vertica Analytics Systemは、HPが3月に買収した大容量データのリアルタイム分析に特化した製品Verticaを組み込んだアプライアンスだ。Verticaは2006年から製品を提供しており、TwitterやGROUPONなど、市場でも多くの実績があるとのこと。今回のアプライアンスでは、HP BladeSystemにVerticaをあらかじめセットアップしている。用意されているのはクオーター、ハーフ、フルラックの3種類。OSはRed Hat Linux、データ容量10テラバイトのVerticaのライセンス、ハードウェア、ソフトウェアの1年間のサポート費用を含んだクオーターラック構成の費用は、1億1606万4900円(税込み)となる。

「Oracle  Exadataよりも確実に安くなる」寺崎氏
「Oracle Exadataよりも確実に安くなる」寺崎氏

 「Oracle Exadataとは構成も異なり同等製品という定義は難しい」と前置きした上で、「Oracle Exadataよりも確実に安くなる」と語るのは、エンタープライズサーバー・ストレージ・ネットワーク事業統括 サーバーマーケティング統括本部 ビジネスクリティカルシステム製品本部 製品企画部 担当マネージャの寺崎 孝氏。

 Verticaのライセンスは、データ容量の増加に応じ増える。そのため、サーバーを追加しても、それだけならばVerticaのライセンスを増やす必要はない。これは、EMCのデータウェアハウス製品Greenplumと同様だ。HP Vertica Analytics Systemは、クオーター、ハーフ、フルというように段階を追った拡張は必要なく、顧客ニーズに応じ柔軟な拡張ができる。

 そして、今回のアプライアンス製品には、なんら特殊なハードウェア技術は使っていない。極めて高い処理性能は、カラム型データベース、データ圧縮、MPPというソフトウェアの工夫によるものだ。そのため、従来通りにソフトウェアだけでも、Verticaのメリットは享受できる。

 ちなみに、速さを強調する事例として、あるヘルスケア企業において2年間分の加入者データ分析に用いていた検索処理が、従来のOracleデータベースでは37分6秒、Verticaでは2.78秒に短縮できたとのこと。およそ800倍の速度になったことになる。Verticaのもう1つの特長として、アクセス方法にSQLが利用でき、JDBC経由での接続も可能なため、既存のBIツールがそのまま利用できることも挙げられる。

次のページ
5TBまでならかなりお得なデータウェアハウス・アプライアンスが登場した

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
DB Press連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

EnterpriseZine/DB Online チーフキュレーターかつてAI、エキスパートシステムが流行っていたころに、開発エンジニアとしてIT業界に。その後UNIXの専門雑誌の編集者を経て、外資系ソフトウェアベンダーの製品マーケティング、広告、広報などの業務を経験。現在はフリーランスのITジャーナリスト...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/3323 2012/02/10 17:34

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング