Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

ソフトウェアアーキテクチャ分析ツール「Lattix 4.0」リリース

  2008/04/23 13:57

テクマトリックスは21日、ソフトウェアアーキテクチャ分析ツール「Lattix」の新バージョン4.0を発売開始した。今回のバージョンではSQL 2005サーバのデータベース分析機能の追加やタグ機能が強化されている。

 テクマトリックスは21日、ソフトウェアアーキテクチャ分析ツール「Lattix」の新バージョン4.0を発売開始した。

 LattixはJava、.Net、C/C++アプリケーションのアーキテクチャや、OracleやSQLのデータベースのアーキテクチャを分析し、構成要素の依存関係をマトリックス形式で表示するツール。ベーステクノロジとして古くから製造業(ボーイング社やBMW社)などで活用されてきたアーキテクチャ分析手法である「DSM」(Dependency Structure Matrix)を使用している。作成したマトリックスを分析・操作することで、アーキテクチャの設計やアーキテクチャの最適化、コーディング、コードの修正、リファクタリングすることができる。

Lattix マトリックス表示画面
Lattix マトリックス表示画面

 今回のバージョン4.0ではSQL 2005サーバのデータベース分析が可能になり、複雑に絡み合ったエレメントを可視化することができる。また、タグ機能が強化され検索結果、影響度分析結果、レポートなどをタグ付けして保存できるようになった。

 価格は598,000円で保守サービスも含まれている。詳細はテクマトリックスの製品紹介ページを参照のこと。

 
【関連リンク】
Lattix トップページ

著者プロフィール


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5