Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

日商エレ、BCPやDRなどでクラウドを核としたデータセンター事業に本格参入

  2011/10/04 00:00

日商エレクトロニクスは、データセンター事業に本格参入するとして、大阪市堂島にデータセンターを開設し、9月下旬よりエンタープライズ向けのデータセンターサービスを開始したと発表した。

これは、日商エレがエンタープライズ市場のニーズに対応したサービスメニューを強化し、「事業継続計画(BCP)」や「ディザスタリカバリ(DR)」「プライベートクラウドへの移行」などに対応することで、ユーザー企業の事業やサービスを支援することをめざすサービス事業推進の一環として位置づけられるという。

日商エレは、以前から保持している「ICT基盤/ネットワーク基盤構築」や「運用監視サービスの提供」をデータセンターサービスと組み合わせ、企業における「オンプレミスIT環境のデータセンターへの移設」や「クラウド環境への移行」、また「データセンターのICT基盤の分散・冗長化」などの多様なニーズに対応するサービスを提供するとしている。

今回の堂島データセンター開設は、データセンター事業の第一弾として位置づけられるもので、今後、北海道エリア、首都圏エリア、中部エリアで順次データセンターサービスを展開する計画だという。

■ニュースリリース
https://eus.hnlk.net/index.cgi?hnav=2418193fa1247bfaa21e7d0e9290040182

著者プロフィール


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5