EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

「顧客に完全な選択肢を」Fusion Applicationsが満を持して登場~Oracle Open World 2011 Report

edited by DB Online   2011/10/06 14:00

Oracle OpenWorldも4日目、午後にはメインイベント ラリー・エリソン氏のキーノートセッションが控えているが、その前にもOracleとしては力を入れているOracle Appsのキーノートが行われた。登壇したのは、アプリケーション事業の責任者であるスティーブ・ミランダ氏。昨日GA(General Availability)を迎えたFusion Applicationsについて紹介した。

「顧客に完全な選択肢を提供する」Fusion Applications

スティーブ・ミランダ氏
スティーブ・ミランダ氏

 Oracle Open Worldも4日目。午後にはメインイベント ラリー・エリソン氏のキーノートセッションが控えているが、その前にもOracleとしては力を入れているOracle Appsのキーノートが行われた。

 登壇したのは、アプリケーション事業の責任者であるスティーブ・ミランダ氏。昨日GA(General Availability)を迎えたFusion Applicationsについて紹介した。

 Oracleは、自社開発したE-Business Suiteはもちろん、PeopleSoftやSiebelなど、買収した数多くのアプリケーション製品にも投資を続けてきた。それと並行する形で、まったく新たなアプリケーション製品であるFusion Applicationsにも相当の開発投資を行ってきた。

 Fusion自体は、発表されてからすでに数年が経過しており、その一部についてはすでに何度か紹介されている。それがようやく一般の顧客の手にも入るようになったのだ。そのFusionについて、ミランダ氏は「顧客に完全な選択肢を提供するもの」だという。

 FusionはSuite製品としても完全なものであり、さまざまなアプリケーションを提供する。さらに業種別に特化したアプリケーションも用意されており、単独で使うこともできれば、既存のアプリケーションに追加した形もとれる。もちろん、他社のアプリケーション製品と共存させて利用することもできる。

 さらに、利用形態もオンプレミスはもちろん、SaaSのサービスとしても利用できるし、ホスティングしてOn Demandのサービスとして利用することもできる。「どの形態でもコードは一緒」で、好きな環境を自由に選べる。

 SaaSではじめて、規模が大きくなったらオンプレミスへといったように、導入後にそれを移行することも容易だ。これは、どのような利用形態であっても、利用しているコードがすべて同じものだからだ。このようにバラエティがあり、既存資産とも共存でき、利用形態も選ばないということで、顧客にとっては「完全な選択肢」というわけだ。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


著者プロフィール

  • 谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

    EnterpriseZine/DB Online チーフキュレーター かつてAI、エキスパートシステムが流行っていたころに、開発エンジニアとしてIT業界に。その後UNIXの専門雑誌の編集者を経て、外資系ソフトウェアベンダーの製品マーケティング、広告、広報などの業務を経験。現在はフリーランスのITジャーナリストとして、クラウド、データベース、ビッグデータ活用などをキーワードに、エンタープライズIT関連の取材、執筆を行っている。

バックナンバー

連載:DB Press

もっと読む

All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5