SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZine Press(PR)

「ビジネスに“使える”動画を作りたい!」―動画キャプチャ、編集ソフトウェアのCamtasiaのビジネスメリットをきいた

動画の利用はさらに広がりを見せている

 CMパンチでは、eBookProというプロジェクトを立ち上げ、電子書籍の企画や制作にも最近は注力しているとのこと。電子書籍で利用するiPadなどの携帯端末は、直感的に利用するものであり、その操作を文章のマニュアルで説明するのは難しい。そのため電子書籍アプリケーションを制作した際には、その操作説明に動画の利用を始めているとのこと。もちろん、電子書籍そのものの中に、動画コンテンツを適宜埋め込むという利用も、どんどん増えそうだと佐々木氏は言う。

iPadのアプリケーションの操作方法も、動画ならより理解しやすい

 また、大学などでiPadに教科書や教材を入れ、学生に配るといったと動きも出てきている。その際の教材を、電子書籍で制作できないかといった依頼も増えているとか。

 そこで、先生が行っている講義をそのままCamtasiaでキャプチャ録画できれば、それを加工し電子教科書にできると佐々木氏は考えている。この方法を応用すれば、企業などでセミナーやプレゼンテーションを行っている様子をCamtasiaで録画し、すぐに電子書籍に加工し配布することも可能だ。

 「手間暇、コストをかけ、芸術的でクオリティの高いコンテンツを作るだけがプロの仕事ではありません。顧客ニーズを把握し、納得できる品質のものを安価に提供する。これも重要なプロの仕事です」(佐々木氏)。

 クオリティと利便性、コスト―企業の動画利用に対する様々な要件を満たす、Camtasiaの利用シーンが、今後は確実に増えていきそうだ。

Windows版とMac版のフル機能が30日間無料で試せる!
Camtasia Studio 7 (カムタジアスタジオ7) :試用版ダウンロードはこちらから!

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
EnterpriseZine Press連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/3549 2012/07/09 16:03

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング