SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZine Press(PR)

「ビジネスに“使える”動画を作りたい!」―動画キャプチャ、編集ソフトウェアのCamtasiaのビジネスメリットをきいた

動画を使った操作マニュアルは圧倒的に分かりやすい

 Webサイトそのものに効果的に動画を埋め込む機会も増えているが、自分たちが構築したWebサイトの操作説明書を動画で作成し納品することも頻繁にある。

 「紙の操作説明書よりも、動画のほうが圧倒的に分かりやすいんです」(佐々木氏)

 今後も動画による操作説明書の制作はどんどん増えるだろうとのこと。さらに、普段自分たちが提案やプレゼンテーションをする際にも、動画を利用するシーンが増えている。

操作説明も動画で作成すると圧倒的に分かりやすい

 「客先などで、iPadを使ってプレゼンテーションをする機会が増えています。その際に、Dropboxなどのクラウドのストレージに動画データを入れておき、それを再生して見せることがあります。これならiPadさえあればどこにいてもすぐ実行でき、Webサイトの表現方法や使い方などを相手に分かりやすく伝えることができます。最近では、こういったことを容易に実現できる環境が整っています」(佐々木氏)

 動画の利用シーンは、Webの制作だけでなくさまざまなビジネスシーンにまで広がっている。iPadなどの携帯端末の上でうまく利用するのもその1つ。iPadで動画を利用する際に、CamtasiaのiPad用に最適化された出力形式を選択できるところは重宝していると佐々木氏は言う。この他にも佐々木氏がCamtasiaで気に入っているところは、撮影した画像などに簡単にシャープネスをかけるなどの、直感的に利用できるエフェクト機能の豊富さ、書き出す動画データのサイズが大きくならないことなどを挙げている。

 「ちょっと細かいテクニックになってしまいますが、CamtasiaをインストールしておけばAdobeのツールでFlashから動画を書き出す際に、Camtasiaが利用しているTechSmithの圧縮コーデックを使うことができます。これを利用すると、かなり効率よく圧縮してくれるので、標準のものよりサイズが小さく、きれいで軽い動画データが得られます」(佐々木氏)

 Camtasiaはキャプチャ操作が容易で使い勝手がいいだけでなく、映像編集のソフトウェアとして必要な機能は十分に揃っているとのことだ。

次のページ
安価なツールだからこそのメリット

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
EnterpriseZine Press連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/3549 2012/07/09 16:03

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング