SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

あたらしいSQL Server/Denaliの世界

トレースはもはや古い?SQL Server 2012 の拡張イベント(前編)

#011


こんにちは。Premier Field Engineering 部の坂輪です。Denali の正式名がSQL Server 2012 に決まりました。今回からはDenali 改めSQL Server 2012 の拡張イベントについてご紹介したいと思います。

SQL Server 2012 の拡張イベント

 拡張イベントを簡単に表せば内部の実装方法は異なりますが SQL トレースより柔軟なイベント処理システムです。また、軽量で監視に必要なリソースが少なく、SQL トレースよりシステムへのパフォーマンスの影響が少なくなっています。この拡張イベントは SQL Server 2008 で最初に実装されましたがグラフィカル ユーザー インターフェースはなく、ドキュメントも充実していないため、残念ながらあまりご存知ない方が多いのではないでしょうか。例えばデフォルト トレースのように拡張イベントの既定のセッションが SQL Server 起動時に自動で実行されていることはご存知でしょうか。この既定のセッションはデッドロックついても情報の採取が行われており、通常はトレース フラグ 1222 を設定して採取する情報と同等の情報を確認することができます。このように既定のセッションではパフォーマンスのトラブルシューティングに役立つ情報が含まれています。この既定のセッションなど拡張イベントについてご紹介するとともに SQL Server 2012 の拡張イベントについてご紹介していきたいと思います。

拡張イベントの操作

 拡張イベントを使用してシステムを監視するには拡張イベントのセッションを作成する必要があります。セッションの作成時にはキャプチャするイベントやターゲットと呼ばれる出力先を指定します。次に簡単なセッションを作成する DDL の例を記載します。このDDL ではセッション名 ‘test_xesession’ のセッションを作成し、セッションには SQLのステートメントの実行が完了した時とデッドロックが発生した時のイベントをキャプチャして、イベント データをターゲットのリング バッファーに格納しています。

 SQL Server 2008 R2 まではどのようなイベントがセッションを作成するときに指定できるのかは動的管理ビュー sys.dm_xe_objects を確認する必要があります。SQL Server 2012 では GUI が追加されたため動的管理ビューを参照する必要はありませんが、同様に確認することができます。

 同様に指定できるターゲットも sys.dm_xe_objects を確認します。

 セッションを作成する DDL ではイベントやターゲット名の前に “sqlserver” や “package0” と記述しています。これはイベントやターゲットが含まれるパッケージの名前です。パッケージの情報はsys.dm_xe_packagesを確認します。パッケージは SQL Server 2008 R2 までは 4 つのパッケージのみでしたが、SQL Server 2012 では多くのパッケージが追加されています。

 提供されているパッケージの中に ”SecAudit” パッケージがありますが、この ”SecAudit” の sys.dm_xe_packages の capabilities_desc 列が ”private” となっています。これは SQL Server が内部的に使用することを表しており、ユーザーが使用することはできないパッケージです。ちなみに ”SecAudit” は SQL Server 2008 から実装された SQL Server 監査の機能で使用されます。

 イベントやターゲットが含まれるパッケージは sys.dm_xe_objects の package_guid 列と sys.dm_xe_package の guid 列が同じ値のものになります。

次のページ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
あたらしいSQL Server/Denaliの世界連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

坂輪貴行(サカワ タカユキ)

  日本マイクロソフトの Premier Field Engineering 部にて、SQL Server ユーザーの支援を行う。前職はシステム エンジニアであり、長く Sybase を使用したプロジェクトに従事。業界歴 14 年の月一ゴルファー。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/3629 2012/02/10 18:21

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング