SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

オラクル・キュレーション by Oracle ACE

大容量メモリをOracleで活用するには?~Linux HugePages使用の勧め~11月の人気記事

第5回


Oracle ACEの矢木覚が、Oracleエンジニアが使える「ネタ」をお届けします!

11月にオラクル技術者が興味を持った内容は?

 こんにちは、Oracle ACEの矢木です。

 まずは、11月のoracletech.jpの人気記事ランキングを見てみましょう。

 oracletech.jpでは、新しい連載が2つ始まりました。

 「Oracle ACE 矢木の部屋」では、私がSIerで働いていた頃の経験から、オラクルのテクノロジーをプロジェクトでどのように活用していくべきか、そしてこれからのDBA(データベース・アドミニストレータ)の役割を記事にしています。またその中で、OTN on Demandの活用方法についても紹介しています。

 「しばちょう先生の試して納得!DBAへの道」では、私の永遠のライバルである日本オラクルの柴田長さんが、これからDBAを目指す人向けに、データベースの道を究めるべく、その道筋をやさしく紹介しています。

 どちらの記事も、DB管理者の皆様にはお勧めです!是非、一読してみてください。

 パフォーマンス・チューニングおよびパフォーマンス・デザインの記事は毎回大人気ですね。やはり皆様のシステム構築やシステム運用においてもパフォーマンスに関する課題が最も重要であるからでしょうか。

 パフォーマンス問題を取り扱うためには、データベースのアーキテクチャ自体に対する深い知見はもとより、オペ-レーティング・システムやサーバー/ストレージといった、より基盤に近い技術に対する知見も必要です。

 さて、今回はますます高性能化するIA Server/Linux環境において、大規模メモリを効率よく使用するHugePagesを紹介しましょう。

次のページ
Linuxのメモリ管理

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
オラクル・キュレーション by Oracle ACE連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

矢木覚(ヤギサトル)

  Oracle ACE SIerにおいて、Oracle Databaseの最新技術を用いた、企業システムの基幹システム設計/構築に携わる。大規模RACやOracle Exadataによるシステム設計・データベース統合等を行ってきた。その経験を基に、現在ではオラクルの技術を広めるエヴァ...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/3688 2012/02/10 18:25

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング