SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

超実践!Excelデータ分析講座

【Excelデータ分析講座】1-3 散布図とバブルチャートによる在庫分析~グラフ編


前回は、複合グラフを使用することで複数のデータを一つのグラフに表示して比較することを説明しました。しかし、複数のデータが存在する場合、その間にある相関関係を分析することも重要です。このような相関関係を分析するのに適しているのが、散布図とバブルチャートです。今回は、散布図とバブルチャートを利用した在庫分析の例を説明します。

相関関係と散布図

 分析対象として2種類のデータ(変数)がある場合、2つの変数の間の相関関係には以下の3つのパターンが考えられます。

  1. 変数間に正の関係(一方が増加すれば他方も増加する)がある=正の相関
  2. 変数間に負の関係(一方が増加すれば他方は減少する)がある=負の相関
  3. 変数間は無関係=無相関

 このような相関関係を分析するのに最適なグラフが散布図です。散布図は2つの変数を横軸と縦軸にプロットしたグラフです。散布図を見れば2つの変数の間にある相関関係を読み取ることができます。

正の相関を示す散布図の例
キャプチャ
負の相関を示す散布図の例
キャプチャ
無相関を示す散布図の例
キャプチャ

 散布図によるデータ分析には、もう一つ重要な要素があります。それは外れ値を見つけることです。正または負の相関が示されている散布図上から、明らかにそれらの傾向から外れている値を見つけることで、問題点を発見することができます。

次のページ
散布図で在庫を分析する

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
超実践!Excelデータ分析講座連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

平井 明夫(ヒライ アキオ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/3753 2012/04/20 18:20

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング