SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

Amazon RDS for Oracleを使ったWebシステムの作り方

Amazon RDS for Oracleインスタンスの作成

第2回

年明け早々にRDSの料金体系が新しくなりましたね。原稿作成後の変更だったので筆者が説明した内容がやや古くなってしまいましたが、より安価になる料金体系の変更ですので皆さんも安心して利用を始めることができると思います。さて2回目の内容は「インスタンスの作成」です。初回の内容はAWS RDS for Oracleのサービス内容と料金体系で終わってしまいましたが。。今回は「インスタンスの作成」についてご説明します。とても簡単ですので「えっこれだけー」と思う人が多いと思われますが、実作業でも1時間もかかりませんのでぜひお試しください。

RDS for Oracleインスタンスの作成

 AWSにログインして「Amazon RDS」タブをクリックしてRDSのコンソールを開きます。

 RDSを起動する地域の選択を「Navigation」ペインの「Region」ドロップダウンリストから「Asia Pacific(Tokyo)」を選択します。

 

 RSD Dashboad画面の「Launch DB Instance」ボタンをクリックして起動できるインスタンスの種類を表示します。

 表示された利用可能なデータベース・インスタンスから起動したいインスタンスの「Select」ボタンをクリックします。

 以降、ウィザード形式でインスタンス起動までの設定をインタラクティブに行います。

 データベース・ライセンスが料金に含まれるサービスLI(License Included)として利用できるOracle DatabaseはStandard Edition Oneしかありませんのでここでは「oracle-se1」を選択します。

次のページ
License Model の設定

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
Amazon RDS for Oracleを使ったWebシステムの作り方連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

二階堂隆(ニカイドウ タカシ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/3779 2012/02/15 00:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング