Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

「JP1サービス」もSaaS型スマートデバイス管理サービスとして提供開始 日立、統合システム運用管理「JP1 Version 10」を発売

  2012/10/15 23:59

日立製作所は、統合システム運用管理「JP1 Version 10」を製品化するとともに、「JP1」の技術とノウハウを応用した「JP1サービス」を新たに開発し、10月16日から販売開始すると発表した。
 

今回の発表では、ITシステムの運用自動化を実現する「JP1/Automatic Operation」をはじめとするソフトウェア群のほか、遠隔でシステムを24時間監視する「JP1システム監視サービス」と、スマートフォンやタブレット端末などのスマートデバイスの管理に必要な機能をSaaS型で提供する「JP1スマートデバイス管理サービス」を新たにラインアップへ追加するという。

「JP1 Version 10」は、複雑化するITシステムの運用管理の効率化・容易化に向けて、従来提供している業務の自動化に加えて、情報システム部門の運用管理者が行うITシステムの運用作業を自動化するIT運用自動化基盤「JP1/Automatic Operation」をはじめとする新製品を提供するという。

「JP1/Automatic Operation」は、日立グループがクラウドサービスやデータセンターのビジネスで培ってきたITシステムの運用ノウハウをもとに、容易にシステム運用を自動化できる製品だという。さらに、「JP1」を活用した新サービス「JP1サービス」として、ITシステムの監視業務を代行し、24時間遠隔で監視を行う「JP1システム監視サービス」と、企業などにおけるスマートデバイスの利用に不可欠な資産管理やセキュリティ管理に必要な機能をSaaS型で提供する「JP1スマートデバイス管理サービス」を開発し、ITシステムの運用管理における負担を軽減するとしている。

発表によると「JP1 Version 10」の主な概要は次のとおり。

・複雑化するITシステムの運用を自動化し、運用負担を軽減
 サーバなどの仮想化の利用拡大に伴って複雑化しているITシステムの運用負担を軽減するため、従来は運用手順書に従って運用管理者が手作業で行ってきた運用作業を自動化するIT運用自動化基盤「JP1/Automatic Operation」を新たに製品。この製品は、従来「JP1」で提供してきた在庫管理や給与計算などの業務システムにおける自動化技術を応用し、仮想サーバの割り当てや障害発生時の対処などのITシステム運用作業を自動化するもの。

さらに、日立グループ内のクラウドサービスやデータセンター運用のビジネスで培ったITシステムの運用ノウハウを盛り込んだ運用手順のテンプレートを「JP1/Automatic Operation コンテンツセット」として提供することで、日立グループの豊富な運用ノウハウに基づき、容易にITシステム運用を自動化。

・ITシステムの管理画面をカスタマイズするニーズに対応
 業務手順に合わせた管理画面や、社内で使用している用語を用いた管理画面で運用したいという個別のニーズに対応するため、ジョブ管理とネットワーク管理の管理画面をカスタマイズできる「JP1/Automatic Job Management System 3 - Software Development Kit」および「JP1/Cm2/Network Node Manager i Developer's Toolkit」を新たに製品化。

また、「JP1サービス」の概要は次のとおり。

・ITシステムの安定稼働と最適化をトータルに支援
 仮想化の利用拡大に伴って複雑化しているITシステムにおいて、安定稼働を実現するためには、障害や異常の迅速な検知において高度なスキルが求められることから、「JP1」で培った監視、運用の技術や、システムにおける運用ノウハウをもとに、システムの監視業務を代行し、遠隔で24時間監視し、障害や異常の予兆をいち早く検知する「JP1システム監視サービス」を新たに提供。

 このサービスでは、システム全体における障害の検知、通報に加え、日立の「Cosminexus」「Groupmax」「HiRDB」と「Oracle Database」について、異常の予兆を捉えて通知するほか、障害等への対処策の提示、保守・サポートサービスとの連携による原因究明までをワンストップで提供。さらに、監視によって蓄積した稼働情報をもとにシステムを定期的に診断し、障害発生リスクの判定や将来を見越した投資計画の策定を含めて、システムの最適化をトータルに支援。
 
・「JP1スマートデバイス管理サービス」
 スマートデバイスの企業などにおける利用が拡大し、企業資産としての端末の管理や情報漏えい対策などが課題となっていることから、スマートデバイスの適正な管理に必要な端末資産情報の収集・管理、遠隔でのロックおよびワイプ(消去)、ポリシー管理といった基本的な機能をSaaS型で提供する「JP1スマートデバイス管理サービス」を新たに開発し、日立クラウドソリューション「Harmonious Cloud」のSaaSメニューとして提供。

 このサービスでは、今後のさらなるスマートデバイスの普及と、企業内利用の拡大を見越し、クラウド環境上で数万台規模での利用に対応可能な拡張性と操作性を備えることで、信頼性の高い管理を容易に実現可能に。さらに、PC資産管理「JP1/IT Desktop Management」と連携させることで、従来のPC資産管理の延長でPCとスマートデバイスの一元管理を可能とし、多様化する各種端末の管理負担を軽減。

■製品の詳細
http://www.hitachi.co.jp/Prod/comp/soft1/jp1/

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5