Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

日立、統合プラットフォーム「Hitachi Unified Compute Platform」を販売開始

  2012/10/22 14:00

日立製作所は、ITシステム構築、運用作業の自動化や、サーバ、ストレージ、ネットワークの一元管理を可能とすることで、クラウドコンピューティングの迅速かつ容易な構築、運用を実現する日立統合プラットフォーム「Hitachi Unified Compute Platform(UCP)」を10月23日から販売開始すると発表した。製品の出荷開始は、12月25日から。
 

この製品は、サーバ、ストレージ、ネットワークなどのハードウェアを統合し、事前検証や基本設定を済ませて提供することで、迅速なシステム導入を可能とする統合プラットフォームだという。今回発表された製品には、IaaS基盤モデルとPaaS基盤モデルが用意されている。

新たに開発した統合プラットフォームオーケストレーション機能(IaaS基盤統合管理ソフトウェア)により、仮想サーバの管理画面からサーバ、ストレージ、ネットワークを一元管理できるIaaS基盤モデル「Hitachi Unified Compute Platform Pro for VMware vSphere(UCP Pro for VMware)」が提供される。

また、統合システム運用管理「JP1」などのミドルウェアを統合し、クラウドを含む多様なシステム構築、運用で日立が培ってきたノウハウをテンプレート化して提供することでITシステムの構築、運用作業を自動化できるPaaS基盤モデル「Hitachi Unified Compute Platform with OpenMiddleware(UCP with OpenMiddleware)」も提供されるという。

発表によると、「Hitachi Unified Compute Platform」の各モデルの特徴は次のとおり。

・UCP Pro for VMware vSphere(IaaS基盤モデル)
 新たに開発した統合プラットフォームオーケストレーション機能により、サーバ、ストレージ、ネットワークの統合管理を可能とする、クラウドサービス事業者などが運用する大規模クラウド基盤に適したモデル。従来は、各ハードウェアをそれぞれ異なる管理者が管理していたため、各管理者間の調整や連携に時間がかかっていたほか、運用手順も複雑化していた。このモデルでは、仮想サーバの管理者がVMware vCenterの管理画面から、すべてのハードウェアを一元的に管理可能。これにより、仮想サーバの新規作成や構成変更などを仮想サーバの管理者が単独で実施でき、運用にかかるコストや時間を大幅に削減可能。
 
・UCP with OpenMiddleware(PaaS基盤モデル)
 統合システム運用管理「JP1」やクラウドサービスプラットフォーム「Cosminexus」などのミドルウェアを統合することで、ITシステム構築、運用作業の自動化を実現する、企業などのプライベートクラウド基盤に適したモデル。具体的には、運用手順書に従い運用管理者が手作業で行っていた仮想サーバの割り当てなどの運用作業を自動化するとともに、アプリケーションに応じて必要となるシステム要件やノウハウをパターン化したテンプレートを用意することで、開発、検証環境の更新やシステム負荷の変動に伴うPaaS基盤の再構築作業を大幅に軽減することが可能。

■日立統合プラットフォームのWebページ
http://www.hitachi.co.jp/ucp/

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5