Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

VMware仮想環境や専用外部ストレージに対応し、1台で「Cloud in A Box」を実現 ネットワンシステムズ、AMDのマイクロサーバ「SeaMicro SM15000」シリーズを販売開始

  2013/01/08 12:00

ネットワンシステムズは、AMD、Intelの次世代アーキテクチャの低消費電力モデルプロセッサを搭載することでさらなる省電力・高性能化を実現した、AMDの省電力・省スペース型データセンター向け新マイクロサーバ「SeaMicro SM15000」シリーズを1月8日から販売開始すると発表した。
 

「SeaMicro SM15000」シリーズは、電力とスペースの問題を抱えるデータセンター事業者やクラウドサービス事業者やプライベートクラウドを所有する大規模企業・組織を販売対象としているという。

「SeaMicro SM15000」シリーズは、2012年のAMDによるSeaMicro買収後の初の製品群であり、高さがわずか10RU(約44.5cm)のシャーシの中に、256~512のプロセッサコア、最大4TBのメモリ、ストレージ、スイッチ機能、負荷分散機能、サーバ管理機能といった、データセンターに必要な機能を集約して搭載しているという。これによって、同程度の性能のCPUを搭載したラックマウント型サーバと比べて、消費電力を2分の1に、設置スペースを3分の1に削減するとともに、12倍のネットワーク帯域を提供するとしている。

さらに、今回新たにVMware仮想環境および最大5ペタバイトの専用外部ストレージ接続に対応したことによって、「SeaMicro SM15000」1台だけでクラウド型データセンター化する「Cloud in A Box」や、仮想アプライアンス群を集約する「Virtual Appliance in A Box」として活用することが可能だという。

今回、販売を開始する「SeaMicro SM15000」シリーズの製品モデルは次のとおり。

・SM15000-OP
 プロセッサ:AMD Opteron EE-4365(2.0/2.3/2.8GHz、8コア、TDP 40W9)
 プロセッサ数:64個
 プロセッサアーキテクチャ:Piledriver
 メモリ(1CPU Socketあたり):ECC DRAM 8~64GB
 合計コア数:512
 平均消費電力:3.2 kW
 最小構成価格(税込):2,840万円~

・SM15000-XN
 プロセッサ:Intel Xeon E3-1265Lv2(2.5/3.1/3.5GHz、4コア、TDP 45W)
 プロセッサ数:64個
 プロセッサアーキテクチャ:Ivy Bridge
 メモリ(1CPU Socketあたり):ECC DRAM 8~32GB
 合計コア数:256
 平均消費電力:3.2kW
 最小構成価格(税込):3,660万円~

・SM15000-XE
 搭載プロセッサ:Intel Xeon E3-1260L(2.4/2.5/3.3GHz、4コア、TDP 45W)
 プロセッサ数:64個
 プロセッサアーキテクチャ:Sandy Bridge
 メモリ(1CPU Socketあたり):ECC DRAM 8~32GB
 合計コア数:256
 平均消費電力:3.2 kW
 最小構成価格(税込):3,170万円~

・SM15000-64
 搭載プロセッサ: Intel Atom N570(1.66GHz、2コア、TDP 8.5W)
 プロセッサ数:256個
 メモリ(1CPU Socketあたり):None ECC DRAM 4GB
 合計コア数: 512
 平均消費電力:3.2 kW
 最小構成価格(税込):3,060万円~

■ニュースリリース
http://www.netone.co.jp/news/release/20130108_01.html

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5