Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

商用サービスでのHadoop利用で開発スピードを確保 サイバーエージェント、Hadoop利用のログ解析統合基盤の運用・開発向けに「Cloudera Enterprise」を採用

  2013/01/18 12:00

サイバーエージェントは、Hadoopを使ったログ解析統合基盤の運用・開発に際し、ClouderaのHadoopディストリビューションとテクニカルサポートが同梱されたサブスクリプション「Cloudera Enterprise」を採用した。「Cloudera Enterprise」の契約は、Clouderaの戦略的パートナーである新日鉄住金ソリューションズが担当するという。
 

「Cloudera Enterprise」は、Clouderaが提供するHadoopディストリビューション「Cloudera's Distribution including Apache Hadoop(CDH)」と、管理ツール「Cloudera Manager」、テクニカルサポート「Cloudera Support」を同梱したサブスクリプション製品だという。

サイバーエージェントは、2010年からログ解析統合基盤のコンポーネントとして、ClouderaのHadoopディストリビューション「CDH」やGUI画面ツール「HUE」を採用しており、今後もCDHを含むHadoopベースの分析基盤を積極活用していく中で、「Cloudera Enterprise」のテクニカルサポートによる円滑な運用をめざしていくとしている。

サイバーエージェントでは、商用サービスの中でHadoop技術を活用するに当たって、開発スピードも確保する必要があるという。「Cloudera Enterprise」のテクニカルサポートでは、Apache Hadoopに限らずCDHに含まれるほかのオープンソースプロジェクトについての技術的な疑問やノウハウにも迅速な回答を得られるとしている。

■ニュースリリース
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000013.000004301.html

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5