Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

AWS、データウェアハウスサービス「Amazon Redshift」を発表

  2013/02/18 14:00

米Amazon Web Servicesは、米国時間の2月15日に高速で強力かつ完全に管理された、ペタバイト規模のクラウド上データウェアハウスサービス「Amazon Redshift」の提供を開始すると発表した。「Amazon Redshift」は、現在、米国東部リージョンで利用可能であり、今後数カ月以内にAWSのほかのリージョンでも利用可能になるとしている。
 

「Amazon Redshift」は、数百ギガバイトからペタバイト以上まで拡張することが可能で、AWS Management Console上から起動させることができるという。

「Amazon Redshift」は、2012年11月にre:Inventカンファレンスで発表され、その後の限定公開では、テラバイトからペタバイトのデータセットを扱う、ソーシャル、ゲーム、モバイル、広告、製造、ヘルスケア、Eコマース、金融サービスなど幅広い業界の、スタートアップからグローバル企業までさまざまな企業が「Amazon Redshift」を利用したという。

従来のデータウェアハウスでは、管理に膨大な時間とリソースが必要であり、自社管理のオンプレミス・データウェアハウスの構築、管理、および増強には多大な費用がかかるという。

「Amazon Redshift」は、データウェアハウスにかかるコストを大幅に軽減するだけでなく、膨大なデータの迅速な分析を容易にするとしている。ユーザーは、あらゆるサイズのデータセットをコンピューター上で分析する際、既存のSQLベースのビジネスインテリジェンス ツールを使用しながら、クエリ性能の速度を大幅に増加させることが可能だという。

「Amazon Redshift」は、列指向データストレージ、データ圧縮、高性能I/Oやネットワークなどの技術を利用して、従来のデータウェアハウスや分析ワークロード用データベースより、大幅な高性能を提供することができるという。

「Amazon Redshift」は、完全に管理されており、一般的に必要とされるデータウェアハウスのプロビジョニング、設定、監視、バックアップ、スケーリング、データ保護などに関する作業を自動で行うという。

■「Amazon Redshift」のWebページ
http://aws.amazon.com/redshift

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5