Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

中部電力、遠隔監視で工場の省エネとCO2削減を実現する「熱設備監視システム」を開発

  2008/06/16 17:37

 中部電力株式会社は、株式会社東海テクノリサーチおよび株式会社トーエネックと共同で、機械や金属の加工工場の溶解炉やボイラ等の省エネに貢献する「熱設備監視システム」を開発した。

 中部電力は、東海テクノリサーチおよびトーエネックと共同で、機械や金属の加工工場の溶解炉やボイラ等の省エネに貢献する「熱設備監視システム」を開発した。

 熱設備の省エネ対策は電気設備に比べて遅れているうえ、一定量以上の電気や熱を消費している事業場に対しては「エネルギーの使用の合理化に関する法律」により毎年1%のエネルギー使用量の削減が努力義務となっている。

 当システムでは、熱設備に設置されているバーナーの燃料流量や空気流量、炉内温度等を測定し、そのデータをPHS等の通信回線によって監視センターに送信して省エネ分析を行い、機器調整のタイミング等をユーザに電子メールで報告する。ユーザはデータを見ながら、燃料と空気の流量を調整することで、最適な省エネが可能となり、工場のエネルギーコストおよびCO2排出量を現状より2~5%程度削減できるという。

【関連サイト】
中部電力(株)ホームページ

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5