Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

ファイルにアクセスコントロールを設定し、操作を記録・制御 NTTソフト、ドキュメントセキュリティ製品「WatchDox」を販売開始

  2013/04/24 14:00

NTTソフトウェアは、米ウォッチドックス社のドキュメントソフトウェア製品「WatchDox」を、4月23日から販売すると発表した。この製品は、あらかじめ設定した期間を過ぎると、取引先へ送付した電子ファイルが自動で消去され、情報漏えいを防ぐという。
 

この製品は、クラウドを利用して電子ファイルのアクセスをコントロールし、情報漏えいを防止するという。たとえば、第三者に対して閲覧および二次利用の不可などを設定し、ドキュメントを制御することができるという。

ドキュメント自体にアクセスコントロールをかけるため、どこに持ち出しても電子ファイルへのアクセスに制限をかけることが可能だという。ファイルに対する操作は全て記録されるため、関係者が適切に運用しているかを監視することが可能だという。

また、ドキュメントがパソコンに保存され、インターネットに繋がらない状態でも、一定期間後、ドキュメントを閲覧不可にしたり、消去するなどの制御を事前に設定することが可能だとしている。

発表によると、この製品には次のような利用方法が考えられるとしている。

・関係者以外への情報流出の防止
 あらかじめ閲覧できる人を指定し、印刷、転送などを不可とすることで関係者以外のファイル開封・閲覧を防止。

・ドキュメント利用の「見える化」
 ファイルに対して、いつどこで、誰が、どんな操作をしたか記録。これにより、関係者がドキュメントを適切に管理しているかが「見える化」されるため、利用者に対し、情報漏えいに対する抑止力となるだけでなく、安心して利用可能。

・取引期間終了後の機密情報の漏えい・拡散を防止
 閲覧期間を設定することで不要な情報を消去したり、必要に応じて即時にファイルを開けないようにすることが可能。これにより、複製したファイルの開封や、第三者による文書の閲覧・編集を禁止することで誤った情報の拡散を防止。

なお、この製品が現在対応している主なファイル形式は、Microsoft Word、Excel、PowerPoint、Adobe PDF Documents、イメージファイル(JPG、GIF、PNG、BMP、TIFF)で、その他のファイル形式も順次対応予定だという。

■製品の詳細
http://www.ntts.co.jp/products/watchdox/index.html

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5