SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

日本企業の進化論-激動の時代に生き残るための選択肢

「モノ」から「サービス」へビジネスを移行させるビッグデータ活用の可能性と課題

第20回:日本のハイテク産業再生の布石(2)

「日本のハイテク産業再生の布石」と題して、前回は「モノ」から「サービス」への移行を阻む要因とマネジメントの要諦についてご紹介させて頂きました。ハイテク産業が再生するためのカギを握る重要な領域・テーマであり、単なる「モノ売り」から脱却し、「サービスビジネス」に進化するための試金石となる”ビッグデータ”についてご紹介します。今までの連載はこちら。

「モノ」から「サービス」の移行のポイントと「ビッグデータ活用」

 国内家電メーカーは薄型テレビなどでスペックを追求したことで苦戦し、一方でAppleやGoogleは、ユーザエクスペリエンスを追求することでサービス売上を急拡大したように、“ハコモノを売るだけでは生き残れない”ということは、既に議論の余地がないことかと思います。

 ハイテク産業のイノベーションに繋がる、「モノ」から「サービス」に移行するための条件として、いくつかポイントがあるように思われます。

1:ハードを必ずしも必要としない

 ハードを売るためにハードのスペックを追求するという発想ではなく、顧客にとっての価値を追求する。

2:ストック売上が期待できる

 SIビジネスのように一過性の売上ではなく、価値を放ち続けることで継続的に売上が得られる。

3:単純な業務代行ではなく、付加価値が高い

 運用保守といった単純なリソースの補填ではなく、顧客の経営・業務にインパクトを与える。

4:顧客のコスト削減だけではなく、売上拡大に貢献できる"攻め"のサービスである

 これまでITの活用によりあらゆる業務を効率化させてきましたが、これからは新規事業、競争力強化などに寄与できる”攻め”のサービスを提供する。

 これらの条件を満たす代表例として、今回はビッグデータについて取り上げたいと思います。

 ビッグデータの“ビッグ”とは、一般的には3V(Volume:量、Variety:種類、Velocity:頻度)の大きさを意味しますが、噛み砕くと、企業活動(R&D、調達、生産、物流、マーケティング・営業など)や世の中の動き(気象、交通など)より発生した膨大なローデータを「必要なモノだけ、必要なカタチで集約」し、傾向やパターンを分析することで経営・業務にインパクトを与える打ち手を導くことです。

次のページ
経営にインパクトを与える「打ち手」を導くこと-ビッグデータ活用の意味

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
日本企業の進化論-激動の時代に生き残るための選択肢連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ベイカレント・コンサルティング 橋本航(ハシモト コウ)

株式会社ベイカレント・コンサルティング マネージャーハイテク・通信業を中心に事業戦略・新規事業立上げ、営業・マーケティング改革、業務改革まで幅広い領域のプロジェクトを支援。 

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/4875 2013/06/10 08:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング