SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

週刊DBオンライン 谷川耕一

Salesforce.comの一人勝ちなんていわせない、サイボウズのクラウドビジネスは順調

クラウドデータベースのサイボウズkintone。サービス提供開始から1年半ほどが経過し、「業界を変化させるような事例が出ています。拡張性が高まり、さらにおもしろい事例が出てきています」とサイボウズ株式会社 代表取締役社長の青野慶久氏は言う。サイボウズでは、クラウドサービスの基盤となるcybozu.comを提供し、各種アプリケーションをクラウド化して提供、会社をクラウドへとシフトしている。そのために、基盤となるクラウドインフラの部分には投資を続けており、かなり信頼性の高いものを実現していると青野社長は言う。

チームワーク・プラットフォームのkintoneをアップデート、業界を変化させる興味深い事例も多数出現中

青野社長
サイボウズ 青野社長

 「インフラ部分は、一言で言うと信頼性が高い。ここ最近、米国のクラウドは怪しいぞというのが分かってきました。どうやら中を見ているぞ」と、青野社長は海外のクラウドサービスにはセキュリティやコンプライアンスの面などからも不安がありそうだと指摘する。これに対しサイボウズのクラウドサービスは、すべて日本人が開発し、運用している。バックアップについても、西日本、東日本と2つのデータセンターがあり、国内だけで完結しているといった点が強調された。そして「日本で、ここまでのクラウドのシステムにしているのは、サイボウズだけでは」と自信を見せる。

 青野社長の自信を確固たるものにしているのが、顧客数の順調な伸びだ。2013年7月時点で4,000社を越え、国内で先を走っているSalesforce.comの顧客数もまもなくキャッチアップできるとのこと。「Salesforce.comの一人勝ちは、間違いですね」と青野氏。そのクラウドサービスの中で、kintoneのユーザー数は700社を越え、こちらも順調に増加している。

kintoneは業務アプリケーションの開発環境ではなく「チームワーク・プラットフォーム」です

 その自身にあふれる青野社長、kintoneは「僕たちの言葉で言うと、チームワーク・プラットフォームです」と言う。一般的な分類ならば、kintoneはクラウドサービスのPaaSに分類されるだろう。クラウド・データベースを基盤に、その上でアプリケーション開発ができる環境だ。kintoneは、それらと何が違うのか。それは「チームワークを高めるのに必要な、3つの要素をセットで提供していることです」と青野氏。データベース、ワークフロー、コミュニケーション、これらを活用し組織のチームワークを高めるプラットフォームとなっているのがkintoneだと言う。

 「僕らとしては、kintoneはまったく新しいジャンルのものだと思っています。いままでの常識でkintoneを見て欲しくはありません。それだけユニークなものなのです。」(青野氏)

 kintoneはサービスの提供を開始してから1年半が過ぎ、当初は中小企業の導入がほとんどだったが、最近になり大企業での採用が増えてきている。また、社内だけで利用するのではなく、社外をも巻き込んだ情報共有を目的とした利用も増えている。そして、個別のニーズに合わせ、作り込みを行うニーズも増加しているとのことだ。

 大企業の導入例としては、欧州の家電メーカーがSalesforce.comから乗り換えたものがある。使い勝手が良くない、もう少し安価にできないかという顧客の要望があり、kintoneを新たに採用。家電量販店を廻る営業担当者の報告システムを構築し利用している。また、羽田空港では迷子などを探す際の館内放送の依頼管理を、紙ベースの仕組みからiPadとkintoneを活用する仕組みに移行した。こちらでは、kintone化することで迅速な対応が可能とり、さらに一度作り上げたシステムを現場の要望に合わせ担当者が自ら手を加えより使いやすくカスタマイズしていることが報告された。

 このように大企業での採用が増えたとは言え、1社あたりのユーザー規模は大きくても1,000ユーザー弱だ。まだ全社規模でkintoneを利用するには至っていない。大手の導入のアプローチとしては、IT部門飛び越してユーザー部門からの直接の引き合い多いのも特長だ。

 もう1つのkintone活用の傾向が、社外との情報共有。クラウドの仕組みなので、IDを社外の人に発行すれば、会社をまたいだ情報共有が容易に実現できる。この用途としては、住宅メーカーが顧客である施主と、介護事業の企業では家族と情報共有する事例が出ている。これまでこのような企業では、おもにメールと添付資料で情報を一方的に顧客なりに届けていた。そういった情報提供者とそれを受けとる者という関係ではなく、kintoneを使ってチームを組んでいく。そのような新たな変化が起こっているのだと、青野氏は説明する。

 この社外との情報共有をよりやりやすくするための機能が、今回のバージョンアップで追加された。それがゲストスペース機能だ。社外の人にIDを発行し、そのIDで利用できるゲストスペースを用意した。ゲストは、ゲストスペースにはアクセスできるが、それ以外のkintoneのシステムにはアクセスできない。社外の人とも、適切に情報共有が可能になる。

次のページ
カスタマー・カンパニーはもう旧い、これからチームワーク・カンパニーを目指せ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
週刊DBオンライン 谷川耕一連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

EnterpriseZine/DB Online チーフキュレーターかつてAI、エキスパートシステムが流行っていたころに、開発エンジニアとしてIT業界に。その後UNIXの専門雑誌の編集者を経て、外資系ソフトウェアベンダーの製品マーケティング、広告、広報などの業務を経験。現在はフリーランスのITジャーナリスト...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/4994 2013/07/19 10:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング