Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

グローバル統一システムで一元管理を実現 IBMのクラウド・サービスが京セラドキュメントソリューションズのグローバルCRMに採用

  2013/08/09 15:00

日本IBMは、京セラドキュメントソリューションのグローバルで統一したCRMシステムである「FOCUS」の構築に、IBMのクラウド・サービス「IBM SmarterCloud Enterprise+(IBM SCE+)」が採用されたと発表した。これは、世界のIBMグループにおいて日本企業として初のことだという。このシステムは、米国のラーレイ、ドイツのエーニンゲンのデータセンターで運用され、8月から本格稼働を開始しているという。

京セラドキュメントソリューションズは、京セラのグループ企業であり、ビジネス向けプリンター、複合機などの製造、販売を行っており、販売網を世界140か国以上に展開しているという。

同社は、米国、欧州、アジア向けのビジネスをさらに強化してグローバル展開を進めるためには、グローバルで統一されたオペレーションによる生産性向上や販売強化が重要であり、それらを支えるITシステムの構築を進めていたという。

そこで、構築された「FOCUS」は、顧客管理、販売管理、予測管理、商談管理、マーケティングなどの業務を行うグローバルで統一したCRMシステムで、各国別に管理していた顧客管理などを、一元管理できるようにするものだという。

このシステムは、IBMのマネージド・クラウド・サービスである「IBM SCE+」を採用し、米国のラーレイ、ドイツのエーニンゲンにある「SCE+」向けのクラウドデータセンターと、国内の既存データセンターを連携して運用しているという。「IBM SCE+は、クラウド環境とそのサービス管理やセキュリティー機能を提供し、企業の基幹系システムにも対応できるクラウド・サービスとして位置づけられている。

クラウド・システムを採用したため、海外ビジネスを強化する際には、必要に応じて柔軟にインフラを拡充することが可能だとしている。

■IBM SmarterCloudのWebページ
http://www-06.ibm.com/ibm/jp/cloud/?lnk=msoCS-clou-jpja

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5