SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

ノンデザイナーのための「伝わる」ビジュアルシンキング

ロジカルシンキング vs ビジュアルシンキングではない

第1回


思考の成果物にビジュアルを使う利点

 みなさんは何かを考えたときに、その思考結果をどのようにまとめておきますか?そしてどのように人に伝えますか?

 文章にしっかりまとめる場合、箇条書き、メモ書きなども一つの方法です。自分の頭の中だけでまとめて、口頭のみで人に伝える場合もあるでしょう。

 いま挙げたのは、どれも言葉のみに頼っています。簡潔な内容であれば、それでも問題ありませんが、複雑な内容や大人数で共有したい場合、何度も繰り返して確かめたい内容の場合には、ビジュアルを使った方が短い時間で情報を共有できます。

 それから、ビジュアルを使う利点には、再利用しやすい点も挙げられます。たとえば、一回ビジュアルにまとめておくと、メールに添付したり、プレゼンテーション資料やウェブサイトに掲載するなど、思考の成果を何度も使い回せます。

 ロジカルシンキングをパワーアップさせるものとして、ビジュアルシンキングを活用してみてはいかがでしょう?

 次回は、ビジュアルシンキングのコツについて書く予定です。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
ノンデザイナーのための「伝わる」ビジュアルシンキング連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ビジュアルシンキング 櫻田()

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/5136 2013/10/04 16:23

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング