SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

ノンデザイナーのための「伝わる」ビジュアルシンキング

伝わりやすいビジュアルを作る3つのコツ

第2回


本連載「ノンデザイナーのための伝わるビジュアルシンキング」は、「たのしいインフォグラフィック入門」の著者(ビジュアルシンキング運営)がノンデザイナーのために、ビジュアルシンキングの活用方法やコツを解説します。連載第2回目は、伝わりやすいビジュアルを作る3つのコツをテーマにします。

ビジュアルはコミュニケーション・ツール

 前回の記事では、ロジカルシンキングとビジュアルシンキングの関係について書きました。

 その中でビジュアルを使う利点を4つ挙げました。

  1. 理解に役立つ
  2. 共有しやすい
  3. 発想しやすい
  4. 再利用しやすい

 これらは「ビジュアル」が、優れたコミュニケーション・ツールであることを意味しています。

 「ビジュアル」をうまく活用すれば、情報の発信者と受信者の距離を縮められます。

伝わりやすいビジュアル

 しかし、すべてにおいて上手くいくわけではなく、「伝わりやすいビジュアル」と「伝わりにくいビジュアル」が存在するのも確かです。

 今回は「伝わりやすいビジュアル」のコツは何か、見ていきましょう。

次のページ
決まり事を設ける

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
ノンデザイナーのための「伝わる」ビジュアルシンキング連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ビジュアルシンキング 櫻田()

プログラマー、システムエンジニア、ウェブデザイナーを経て、2010年よりビジュアルシンキング運営。ピクトグラム、図解、インフォグラフィックの制作活動を継続中。著書に『たのしいインフォグラフィック入門』。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/5178 2013/10/22 11:07

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング