Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

「Endpoint Security 10 for Windows」と「Security Center 10」 カスペルスキー、法人向けアプリケーション2製品の最新バージョンを提供

  2014/01/23 14:00

 カスペルスキーは、法人向けアプリケーションである「Kaspersky Endpoint Security 10 for Windows」と「Kaspersky Security Center 10」の最新バージョンの提供を開始したと発表した。

 「Kaspersky Endpoint Security 10 for Windows」は、カスペルスキーの法人向けソリューションの要として、マルウェアやネットワーク攻撃などIT上の脅威から、WindowsワークステーションおよびWindowsサーバーを保護するという。提供が開始された最新のバージョンは10.2.1.23になる。

 この製品の主な機能強化点、改善点は次のとおり。

 ・サポートOSを追加(Windows 8.1 Pro/Enterprise x86/x64、Windows Server 2012 R2 Essentials /Standard x64、Windows Embedded POSReady 7 x86/x64、Windows Embedded Standard 7 SP1 x86/x64)。

 ・このプログラムが稼働している環境下で、一部のJavaアプリケーションが正常に機能しない問題を修正。

 ・avp.exe(カスペルスキー製プログラム)のCPU使用率が100%となってしまうことがある問題を修正。

 また、もう1つの製品「Kaspersky Security Center」は、「Kaspersky Endpoint Security for Business」に含まれるアプリケーションであり、企業ネットワークにおけるコンピューターやサーバーのセキュリティを監視・管理するためのソフトウェア。

 アンチウイルスアプリケーションのインストールや管理、ネットワークとアプリケーションインフラストラクチャーの監視やレポート生成などが可能だという。提供が開始された最新のバージョンは10.1.249.0になる。

 この製品の主な機能強化点、改善点は次のとおり。

 ・サポートOSにWindows Server 2012 R2を追加。

 ・ネットワークエージェントのパフォーマンスをVDIモードでの使用向けに改善

【関連リンク】
「Endpoint Security 10 for Windows」の詳細
「Security Center」の詳細

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5