SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

SAP BusinessObjects BI Platform 4.1 ビッグデータ時代の分析プラットフォーム入門(PR)

ビッグデータ時代に求められるBIツールの条件-- 進化するSAP BusinessObjects

最新のBusinessObjectsを使いこなすためのガイド書籍が登場!

 このようにビッグデータ時代のニーズに対応すべく進化したSAP BusinessObjectsには、豊富な機能が存在する。そのため、今回の記事だけでは到底説明しきれない。「これまでもSAP BusinessObjectsを使ってきたけれど、まだ最新版にバージョンアップをしていない」「ビッグデータ時代に新たなデータ活用を始めたい」――そういう人は、このSAP BusinessObjectsの最新版を紹介している書籍『SAP BusinessObjects BI Platform 4.1 ビッグデータ時代の分析プラットフォーム入門』が出版されたので、ぜひ手にとってみて欲しい。

 最新のSAP BusinessObjectsとはどんなものか、利用するには具体的にどうすればいいのかがこの書籍では詳しく解説されている。インストール方法から、SAP BusinessObjectsに含まれている各種アプリケーションの概要とその特長、さらにはユニバースで実現できることとその方法、モバイルデバイスへの対応、SAP HANAとの連携シナリオなどが具体的に示されている。

 また、SAP BusinessObjectsを使ってBI環境を作るところだけでなく、それを継続的に運用するのに必要なことについても解説されている。データ量が増えれば、必ず性能に関する課題が生まれてくる。さらに、活用するデータは業績などにも直結するものであり、企業にとっては最も重要な「資産」であり、安全かつ適切に管理しなければならない。当然ながら、バックアップやマイグレーション、災害対策なども考慮する必要がある。これら運用管理の一部についても、書籍では言及されている。

 SAP BusinessObjectsの入門書という位置づけだ。この書籍と、同社が提供するマニュアルなどを合わせて読む事でより深い情報を取得して欲しい。

■目次

  • 序章:ビッグデータ活用とビジネスアナリティクス
  • 第1章:SAP BusinessObjectsの概要
  • 第2章:SAP BusinessObjectsのインストール
  • 第3章:SAP BusinessObjectsと各種アプリケーション
  • 第4章:ユニバース、各種データベースへの接続
  • 第5章:SAP BusinessObjects Mobile
  • 第6章:SAP HANA環境でのSAP BusinessObjects活用シナリオ
  • 第7章:サーバアーキテクチャとセントラル管理コンソール
  • 第8章:High Availability構成とファイアウォール設定の考慮
  • 第9章:バックアップと運用、マイグレーション
  • 第10章:SAP BusinessObjectsの活用事例

■■■ 書籍 概要■■■

SAP BusinessObjects BI Platform 4.1 ビッグデータ時代の分析プラットフォーム入門』(2014年2月21日、翔泳社発行)

 

本書は、このSAP BusinessObjectsを中心に、データ分析を実現するためのシステムをどう構築するかを解説します。データ分析システムの基本的な知識から、SAP BusinessObjectsのさまざまな機能を使ったレポート、状況を把握するためのダッシュボードなどの作成方法を解説するものです。SAPの新しいインメモリデータベースSAP Hanaの利用についても説明するなど、ビジネスインテリジェンスを実現する最新のデータ活用のノウハウをお届けします。

 

 

★本書のお買い求めは→AmazonSEShopから!!

SAP BusinessObjects製品情報サイト
SAP Analyticsブログ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/5599 2014/03/03 14:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング