SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

イノベーターの本棚

教育業界の破壊的イノベーションも「辺境」から―ユーザーの価値になる課題解決とは?

(第17回)イノベーションに効く翻訳書09:『教育×破壊的イノベーション 教育現場を抜本的に変革する 』 

教育業界における“ユーザー”にとっての「価値」と「ジョブ」とは?

 では、現在大きく成長しているMOOCsが既存の学校を破壊していくのでしょうか?著者らははっきりと言及はしていませんが、私は今のMOOCsはそこまでの破壊力はないと考えています。なぜなら学生の多くにとって、就活やキャリアアップという“ジョブ”のため大学を利用しているためです。ジョブというユーザーが本質的にやりたい事柄に着目すると、単位が得られないMOOCsは従来型の教室の代わりにはならないことが予想されます。大学や大学院に見出している“価値”は、「就職に有利に働くための場」です。つまり職業訓練であり、就職に有利に働くような学位や資格、人脈といった機能を求めるのではないでしょうか。単位もなく、リアルでの人脈も構築できないまま、講義だけをオンラインで提供したところで大きなインパクトはないと考えるべきでしょう。

 すなわち、トップ校はまだまだ両にらみで“イノジレ中(イノベーションのジレンマで悩んでいる最中)”といえると思います。学校に行くことがままならないアフリカの農村部でのオンライン教育や、カーンアカデミーのように、学校を落ちこぼれてしまった子供たちに向けられた教育機会の方が、無料で遠隔地に届ける価値があるのではないでしょうか。

個性を伸ばすとはどういうことか?

 大人数・同時・同空間・同一内容の授業は、教師の数が限られていて、画一的な教育像が必要な時代に生まれました。しかしこれは、提供側の都合です。受け手のジョブに着目することで、IT技術を活用した画期的な教育が実現できるのではないでしょうか。

 これは著者らの提案でもありますが、私の思いでもあります。一人ひとりの未来の担い手に着目して、社会に貢献しながら幸せな社会を同時に創り上げるような投資を先輩たちは行わないといけません。

 日本の教育も「ゆとり教育」の導入で個性を伸ばそうと試みました。過去の事実を記憶し、唯一の正解を子供に求める教育では未来を創ることができないからです。子供だけでなく、人が物事を理解するプロセスや興味は千差万別。国民が標準的に持つべき知識や能力が提供される義務教育について個性を尊重するということは、生徒に応じて一人ひとり授業の内容やカリキュラムを変えることになります。

 今までのゆとり教育が失敗したからといって、授業時間を伸ばし、内容も元に戻したところで生徒の個性を伸ばすことには結びつきません。一人ひとりの生徒に応じた進度、さらに順序や教え方まで変えながら個別に対応できることが理想です。

次のページ
教育業界の破壊的イノベーションも「辺境」から

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
イノベーターの本棚連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

津田 真吾(ツダ シンゴ)

日本アイ・ビー・エム、日立グローバルストレージテクノロジーズ、iTiDコンサルティングを経て、イノベーションコンサルティングおよびハンズオン事業開発支援に特化したINDEE Japanを設立。HDDの開発エンジニア時代に「イノベーションのジレンマ」に触れ、イノベーションの道を歩み続けることを決意する。その著...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/5629 2014/03/07 08:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング