Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

「Riak」とTalendのツールにより、ビッグデータ活用の一連の仕組みが構築可能に Talend、NoSQLのBashoと協業し、「Riak」へのデータ移行を支援

  2014/04/17 11:15

Talendは、米TalendがNoSQLデータベースRiakを開発する米Basho Technologiesと協業すると発表した。日本市場においても、Talendは、Bashoジャパンと協業を開始し、従来のリレーショナルデータベース(RDB)から、スケーラビリティ、高速性、コスト効率を向上させてデータアクセスを可能にするNoSQLデータベースへのデータ移行に関わる課題解決を支援するという。

 Bashoの「Riak」は、分散KVS(Key-Value Store)で、複数のサーバーにデータを分散することにより、高い可用性を実現するように設計されているという。

 また、「Riak」は、マスターレス構成のため単一障害点(SPOF)を持たないという。データやアクセスの増大に対しては、サーバーを追加することで対応するスケールアウト型の拡張性を備えているとしているとしている。

 RDBからNoSQLデータベースの「Riak」へのデータ移行は、個別のAPI開発をはじめとする移行にまつわる負荷やリスクが伴うが、TalendとBashoの協業により、Talendの統合ツールを使うことで、容易に確実に行うことが可能になるとしている。

 また、「Riak」は、センサーデータやRFIDネットワークのデータストア、ソーシャルデータのデータストアなどにも適しており、TalendのツールによりRFIDやSNSからデータを収集、クレンジングして「Riak」にストアし、Talendのツールを介してBIツールで分析するなど、ビッグデータを活用するための一連の仕組みが構築可能になるという。

 さらに、ビッグデータ解析のためにHadoopのようなテクノロジーとともに「Riak」を利用することも容易になるという。

 Basho「Riak」の特徴は次のとおり。

 ・Amazon DynamoがルーツのNoSQL KVS
 ・高可用性を実現する分散アーキテクチャ
 ・単一障害点(SPOF)のないマスターレスクラスター
 ・サーバーの追加で性能、容量向上を図るスケールアウト拡張
 ・運用者の負荷を下げる運用の容易性

【関連リンク】
「Talend」のWebページ
「Bashoジャパン」のWebページ

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5