Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

NTT Com、「Bizホスティング Enterprise Cloud」で新サービス提供と料金改定を発表

  2014/04/28 14:40

 NTTコミュニケーションズは、企業のICT基盤向けクラウドサービス「Bizホスティング Enterprise Cloud」において、コンピュートやストレージ機能の大幅な料金値下げ、およびより安価なソフトウェア型のファイアウォール機能やロードバランシング機能「統合ネットワークアプライアンス」の提供を開始すると発表した。

 同時に、「Bizホスティング Enterprise Cloud」とNTT Comデータセンターのコロケーションエリアを無料で接続する「コロケーション接続サービス」を開始する。

 今回設定された新たなコンピュートクラス「Guaranteed」プランは、リソース確保型のCPUおよびメモリを提供するプラン。顧客は、現行のリソース保証型「Premium」プランと同等品質のSLAに対応したプランを、従来の60%の料金で利用できるようになる。また、既存のコンピュートクラス「Standard」プラン、およびストレージクラス「Standard」プランの料金を最大25%値下げするという。

 コンピュートクラス「Guaranteed」プランとストレージクラス「Standard」プランを組み合わせることで、最小構成で月額14,000円程度(従来の約半額)からの利用が可能になり、また、標準的な構成においても従来の約65%の料金で利用できるとしている。

 また、「Bizホスティング Enterprise Cloud」では、従来のハードウェア型と同等の機能で、より安価に利用できる、ソフトウェア型のファイアウォール機能、ロードバランシング機能、IPSec終端機能を一体で提供する「統合ネットワークアプライアンス」が提供される。

 最大100Mbpsの通信が可能な処理能力を持ち、必要な性能や冗長構成にあわせ4つのプランから選択できるという。ハードウェア型と比べて、最小構成で約80%安価な料金で利用可能だという。

 各種動作設定は、コンピュートリソースとあわせてカスタマーポータルから設定可能であり、海外9カ国/地域、11拠点のサーバー環境とネットワーク環境を同一インターフェースから制御可能だという。

 さらに、「Bizホスティング Enterprise Cloud」において、LAN環境とNTT Comが提供するデータセンターのコロケーションエリアの顧客利用ラックを、同一セグメントとして無料で接続する「コロケーション接続サービス」が新たに提供される。

 接続は1Gbpsネットワークを冗長化し、低遅延で信頼性の高い環境を実現しており、VLAN多重機能による複数セグメント(最大24セグメント)にも対応。また、カスタマーポータル画面から、VLANの追加や削除など、システム構成の設定をオンデマンドで変更可能だという。

 この機能により、クラウドやコロケーション間の物理的距離や設備環境を意識せず、ハイブリッドクラウド環境として一体的に運用することができるという。

【関連リンク】
ニュースリリース

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5