SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2023 春の陣

2023年3月14日(火)10:00~16:00

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

イノベーターの本棚

なぜビジネスモデル変革が進まないのか? 企業内イノベーターへの処方箋『ホワイトスペース戦略』

(第21回)イノベーションに効く翻訳書12:『ホワイトスペース戦略』

「低コスト」「高品質」「革新的機能」に続く技、それが「ビジネスモデル」

既存事業のやり方が新規事業に干渉するパターン
▲ 図4:既存事業のやり方が新規事業に干渉するパターン

 ビジネスモデル・イノベーションの話をすると、とかく日本人は「発明は得意だがグローバルに普及させるのは苦手だ」「小さい改善を積み重ねるのは得意だが、大きなイノベーションは苦手だ」といった日本人悲観論が出ます。

 しかし、欧米先進国の大企業もビジネスモデルの変革に苦労しています。加えて、過去に日本はこれまで「競争の基準」が変わるようなイノベーションを度々起こしてきました。戦後は非常に低価格な労働力をテコにした破壊的ローエンドイノベーションを興し、経済規模を拡大させました。その後はトヨタ生産方式に代表される業務プロセスのイノベーションによって、品質・信頼性という新たな価値基準を提案し、アメリカの自動車業界は大打撃を受けました。携帯電話のカメラ機能やインターネットが見られる機能を初めて導入したのも日本の携帯電話メーカーです。機能的イノベーションの例も沢山あります。

 ビジネスモデル・イノベーションは、もう一つ別の技を覚えることに過ぎません。ようやくビジネスモデルという概念が浸透してきた時代、そのモデルをもう一度見つめ直してみてはどうでしょうか。

「イノベーションのジレンマ」実践講座1:Innovator's DNAワークショップ、7月31日開催!!

イノベーターに必要な5つの力とイノベーションチームのデザイン手法

 

クリステンセン教授設立のInnosight社の日本公認パートナー、INDEEJapanの津嶋辰郎氏、津田真吾氏を講師に迎え『イノベーションのジレンマ』の内容を理解し、既存企業において「組織づくり」を行う方法を解説します。

 

日時:2014年7月31日(木)13:00~19:30(受付開始は12:30)

参加料:59,400円(税込)

参加特典:イノベーターDNA診断【WEB診断】(13,000円相当)/懇親会が無料

会場:株式会社翔泳社(東京・四谷三丁目)

お申込・詳細 ⇒ こちら

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
イノベーターの本棚連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

津田 真吾(ツダ シンゴ)

日本アイ・ビー・エム、日立グローバルストレージテクノロジーズ、iTiDコンサルティングを経て、イノベーションコンサルティングおよびハンズオン事業開発支援に特化したINDEE Japanを設立。HDDの開発エンジニア時代に「イノベーションのジレンマ」に触れ、イノベーションの道を歩み続けることを決意する。その著...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/5985 2014/07/17 08:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2023年3月14日(火)10:00~16:00

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング