SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2023 春の陣

2023年3月14日(火)10:00~16:00

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

DB Press

CouchbaseはN1QLでSQLインターフェイスという弱点が強みになる

 ビッグデータという言葉が普及して以降、NoSQLデータベースの認知度も高まっている。大量の非構造化データを低コストで扱える、あるいはリレーショナル型では難しい自由度の高いデータを柔軟に扱うのにもNoSQLデータベースは向いている。とはいえ、NoSQLデータベースにもさまざまなものがあり、どのデータベースがどんな用途に向いているのかはなかなか分かり難い面もある。

RDBMSのマイグレーション先ではない、NoSQLデータベースは新たなビジネスを生み出す武器となる

 ディプティー・ボーカーア氏
ディプティー・ボーカーア氏

 Couchbaseのソリューション・エンジニアでシニア・ディレクターのディプティー・ボーカーア氏は、NoSQLのデータベースの中ではCouchbaseは後発製品だと言う。現状、Webのシステムやモバイル対応のシステム、さらにはIoTなどの領域でNoSQLデータベースの利用が増えつつある。それらのシステムでは「オペレーショナル系のニーズが高まっています」とボーカーア氏。

 「オペレーショナル系のNoSQLデータベースの中でも、拡張性が高く開発効率が高い点でCouchbaseは市場で優位なポジションにあります」(ボーカーア氏)

 Couchbaseの初期のユーザーはいわゆるアーリーアダプターで、新しいものに積極的にチャレンジする人たちだった。それがここ最近は「アーリーアダプターからマジョリティーユーザーへ移行する一歩手前まで来ています。保守的な企業でもCouchbaseを採用するようになってきました」とのこと。

 Couchbaseの従業員は世界で300人ほど、顧客企業は500社を超えたところだ。顧客には大手企業も含まれておりディレクTVやシスコ、GEなどで利用されている。日本ではKDDIのユーザーの1つだ。CouchbaseはNoSQLデータベースの中でもドキュメント型に分類される。その特長はクラスターリングによる高い拡張性を提供する「Couchbase Server」と、モバイルなどのエッジサイドで使える「Couchbase Mobile」の2つのラインナップを用意しているところだ。

 さらにSQLライクな「N1QL」も新たに登場した。

 「N1QLは、次のメジャーリリース(4.0)に含まれる機能の1つで、開発者にとってNoSQLの敷居を大きく下げるものになります」(ボーカーア氏)

 N1QLを使えば、JSON型のデータをSQLの使い勝手で扱えるようになる。たんにSQLのように記述できるだけでなく、JSON型ならではの特長も活用できヒエラルキーやネストといった処理もクエリーで記述できる。また、NoSQLでテーブル構造はないのだが、Join機能が用意されている。これはオブジェクト同士をJoinするものだ。

 「SQL言語に対応していなかったところはCouchbaseの弱点でした。しかし、N1QLでそれを克復しました。これからは弱みだったところが強みになると思っています。N1QLは慎重に開発し市場に投入しました。そのぶん時間はかかりましたが、機能としては充実したものに仕上がっています」(ボーカーア氏)

 Couchbaseでは、本格的なエンタープライズ用途での利用を目指しており、N1QLのような機能でまずは開発者にとって使いやすいデータベースにしようとしている。さらにもう1つ力を入れているのがセキュリティ。これらの機能強化で「次期バージョンはかなりパワフルな製品となります」とボーカーア氏は言う。

 「NoSQLデータベースの市場は、レガシーシステムをNoSQLで置き換えるものではなく、NoSQLを使って新たなビジネスを生み出すところに大きなニーズがあります。もちろん既存のリレーショナルデータベースの市場と重なる部分もありますが、そうでない部分にはすぐに数十億ドル規模の市場が生まれると考えています」(ボーカーア氏)

 そういう意味では、IoTなどでデータが次々と生み出される領域に対する期待は大きなものがある。「開発者にはまずはCouchbaseを試してもらいたいです。さらに、インターネットでビジネスを行っているような企業には、ぜひCouchbaseのメリットを感じて欲しいです」とボーカーア氏は言う。

次のページ
Couchbase Mobileだからこそ実現できる柔軟なモバイルアプリケーションとは

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
DB Press連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

EnterpriseZine/DB Online チーフキュレーターかつてAI、エキスパートシステムが流行っていたころに、開発エンジニアとしてIT業界に。その後UNIXの専門雑誌の編集者を経て、外資系ソフトウェアベンダーの製品マーケティング、広告、広報などの業務を経験。現在はフリーランスのITジャーナリスト...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/7258 2015/10/07 06:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2023年3月14日(火)10:00~16:00

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング