Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

MapR、Azure上でHadoop「MapRディストリビューション」を提供

  2015/10/14 14:40

 MapR Technologiesは、マイクロソフト社との提携によりAzure上でのMapRディストリビューションの提供を開始したことを発表した。

 今回のサービス開始により、コストメリットの高いAzureのオンデマンドクラウドサービスと一緒に、エンタープライズ向けの高速Hadoopを使用することが可能になるという。

 MapRは、Azure上で高速でかつ拡張性と運用性の高いHadoopプラットフォームと、多量なデータをリアルタイムにデータ活用できるNoSQLデータベースを提供する。

 MapRディストリビューションは、ハイパースケールリポジトリであるAzure Data Lakeとも統合されるため、ユーザはクラウド上で統合分析、統合データストレージ機能の多層のシステムを活用可能になるとしている。

 また、日本では日本ユニシスが開発した「汎用データ処理ツール」を組み合わせクラウド上から提供する、ビッグデータ分析のためのデータ活用基盤「データ統合・分析共通PaaS」ソリューションラインナップとして「MapR on Azure」が採用された。

 「MapR on Azure」上での日本ユニシスの「データ統合・分析共通PaaS」のサービス提供は、同環境上に構築する業務アプリケーションの開発などをワンストップで提供することを意味し、顧客企業は、月額課金による少ない初期投資で高速かつスケーラブルなデータ統合基盤環境の早期構築が実現するとともに、ビッグデータの利活用が可能になるという。

 MapRとマイクロソフトの技術の統合により、クラウド上でHadoopオンデマンドを最善の方法で効率的に使用できるようになり、Azureを利用する企業は、MapRディストリビューションを利用して次のことが可能になる。

  • Microsoft Azure Marketplaceから直接MapRの導入と利用
  • Microsoft Azure上におけるMapRとMicrosoft SQL Serverサービスの間でのデータ転送
  • MapRのNoSQLデータベースであるMapR-DBの導入によるリアルタイムなデータ活用

 今回の提携の一環として、MapRはAzure上でのNoSQLデータベース「MapR-DB」の導入を完全サポートする。「MapR-DB」は、分析とBIのための集中型テーブルを利用して低遅延(レイテンシ)、自動同期でビジネスユーザーが地域全体のデータ分析を可能にするマルチマスターテーブルレプリケーションなど、高度な操作機能を備えている。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5