Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

2015年第3四半期のクライアントPC、総出荷台数237万台、前年同期比21.9%減――IDCが発表

  2015/11/18 14:40

 IDC Japanは、日本国内におけるクライアントPC市場出荷実績値について発表した。これによると、2015年第3四半期(7月~9月)の国内クライアントPC出荷台数は、ビジネス市場が、147万台、前年同期比 23.0%減、家庭市場は90万台、同比20.0%減、計237万台、同比21.9%減となった。

 Windows 10は、2015年7月にリリースされたが、今期の需要喚起に関しては限定的なものになり、2015年第3四半期の国内クライアントPC市場は、前期(2015年4月~6月)に引き続き、出荷台数が大きく落ち込んだ。

 Windows XPのサービスサポート終了による特需や、消費税増税前の駆け込み需要があった2014年の第1四半期(1月~3月)以降、ビジネス市場、家庭市場供に、需要が戻る気配がない。家庭市場の出荷台数が100万台を下回るのは、過去の集計からみると、1998年まで遡ることになる。

 ベンダー上位5社の出荷台数は、Windows XPのサービスサポート終了による特需と消費税増税前の駆け込み需要の反動で大きく落ち込んだ2014年第3四半期からさらに、2割減となる大きなマイナス幅になった。

 その中では、NECレノボ グループは、前期より4.7ポイントシェアを伸ばし1位を維持した。 NECレノボグループは、ビジネス市場で前年同期比比26.2%減、家庭市場では同比12.8%減となり、全体では21.1%減となった。

 富士通は、利益重視の戦略から、ビジネス市場で同比26.9%減、家庭市場では同比7.0%減となり、全体では 22.6%減であった。東芝は、ビジネス市場で同比28.0%減、家庭市場では同比15.8%減となり、全体では23.1%減となった。

 HPは、ビジネス市場で同比8.1%増と他のベンダーがマイナス成長の中、プラス成長を達成し、家庭市場では同比34.3%減となったが、全体では、他のベンダーと比べてマイナス幅が小さい0.4%減となった。Dellは、ビジネス市場では、中堅中小企業の不調が響き、同比31.9%減、家庭市場では同比23.9%減となり、全体では30.3%減だった。

 IDC Japan PC,携帯端末&クライアントソリューション リサーチマネジャーの片山雅弘氏は、「Windows 10がリリース されたが、残念ながらPCの需要喚起には、つながらなかった。円安の影響でPCの単価も高止まり、買い替えを促す材料が乏しい。さらに、ハードディスクからSSDに変わる製品が増え、故障しにくくなったこともボディーブローのように効いている。このことによりPCの寿命が延び、買い替えを延ばす要因になっている。もし、この状態が常態化するならば、今後大幅な下方修正が必要になる」と分析している。

参考資料:2015年第3四半期 国内クライアントPC出荷台数 トップ5ベンダーシェア、対前年成長率・実績値(作成:IDC Japan)  

 今回の発表について詳細は、IDCが発行する「国内PC市場 2015年第3四半期の分析と2015年~2019年の予測」にまとめられている。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5