Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

タブレットソリューション市場、2014年~2019年の年間平均成長率は13.8%――IDCが予測 

  2016/01/28 13:00

 IDC Japanは、国内タブレットソリューション市場の予測を発表した。これによると、法人向け全体のタブレット出荷台数は、2015年に253万台を見込み、2014年~2019年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は、12.2%になると予測している。また、2015年のタブレットソリューションの売上額は、1兆1,974億円を見込んでおり、2014年~2019年のCAGRは13.8%とみている。

 売上額を初期投資と年間運用費に分けると、2015年の初期投資額は2,649億円、年間運 用費は9,325億円になると見込んでいる。タブレットソリューションの売上額、初期投資、年間運用費には、タブレットソリューションに関連するすべてのハードウェア、ソフトウェア、サービスが含まれる。

 国内タブレットソリューション市場を7つの産業分野(金融、製造、小売、医療/福祉、サービス、教育、その他)に分けて見ると、2019年の売上において最も大きなシェアを占める産業分野は金融になり、2014年~2019年の売上額のCAGRが最も大きな産業分野は医療/福祉になるとみている。

 IDC Japan PC,携帯端末&クライアントソリューション リサーチマネジャーの片山雅弘氏は、「タブレットの導入を検討した多くの企業は、その評価を終えた。導入した企業の中には、期待した成果が得られなかったという感想も多い。実は、ここからが本番である。現場の声を拾い、問題点を見つけ、改善しなければならない。モバイルアプリケーションがアプリケーションストアからダウンロードできるように、タブレットソリューションは、容易にアップデートを行うことができる。導入し、運用を続けながら完成度を高めていく、このことが運用する上で最も重要である」と指摘している。

参考資料:国内タブレットソリューション市場売上額予測:2014年~2019年(作成:IDC Japan)  

 今回の発表について詳細は、IDCが発行した「国内タブレットソリューション市場予測、2015年~2019年:産業分野別タブレット出荷台数とソリューション売上額 」にまとめられている。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5