Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

日立システムズ、現場で携帯する複数の端末を1台に集約可能な「スマートデバイス業務支援」サービスを提供

  2016/02/29 15:00

 日立システムズは、量販店や専門店などの小売業向けに、スマートフォンやタブレットを活用して店舗業務の効率化やコスト削減を支援するサービス「スマートデバイス業務支援」を2月29日から販売する。提供開始は、4月の予定。

 このサービスの第1弾として、音声コミュニケーション機能(内線・外線など)、本部拠点間コミュニケーション機能(ToDo管理など)、モバイルデバイス管理・セキュリティ機能(紛失・盗難対策など)からサービスを開始し、今後、「FutureStage 量販店向け本部店舗システム」や「FutureStage 専門店向け本部店舗システム」との連携や、在庫管理、発注、クレジット決済などの機能拡充を図るという。

 量販店や専門店の販売員が、店舗内の他の販売員とやりとりするためのトランシーバーやインカム、本部など外部と連絡をするためのPHS、在庫状況を確認・発注業務を行う発注専用端末など、複数の業務専用端末を携帯して場合、専用端末をそれぞれ調達し、運用・管理するには多くの手間とコストがかかるほか、いくつもの端末を持ち歩くという不便さがあった。

 このサービスの活用により、携帯電話、内線・外線、インカム、トランシーバーおよび業務端末などをスマートデバイス1台に集約できるため、携帯端末の調達、運用・管理コストの削減が図れるほか、外出先からもインターネット経由での内線電話が利用できるため、通信コストの削減効果も期待できるという。

 また、本部からスマートデバイスに配信する指示や通達をタイムリーに現場で確認できるため、業務の効率化やコミュニケーションの向上を図ることができる。さらに、日立システムズのコンタクトセンターや全国約300か所のサービス拠点、キッティングセンターなどのサービスインフラを活用することにより、端末のキッティング(初期設定)、運用フェーズでの予備機の管理・配送など、スマートデバイスの導入に伴う初期設定・配布から維持管理までを日立システムズが一貫して対応するため、大幅なコスト削減と業務効率向上を実現できるとしている。

 万一、スマートデバイスを紛失した時は、モバイルデバイス管理・セキュリティ機能により、リモートでデータの消去を行える。また、不正アプリケーションの利用による情報漏えいを防ぐため、導入アプリケーションを本部で一括管理することができるなど、適切なセキュリティ対策や運用・管理が可能になる。

 また、これまでの専用端末では、機器に依存する専用の開発言語でのシステム開発となるケースが多く、開発のコストや期間の負担が大きいことが課題となっていたが、汎用的な端末を利用することで、機能の追加開発が容易になるほか、スマートデバイス対応のさまざまなアプリケーションから業務に有用なソフトウェアを導入することでさらなる業務効率化と質的な向上も可能だという。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5