SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

60秒でできる!Microsoft Word Tips集

【Word Tips】3ページ目からページ番号を挿入するには?

ドキュメントの仕上げTips(4)


表紙、目次、本文で構成された文書において、3ページ目からページ番号を挿入する方法を紹介します。

概要

 Wordで作成したドキュメントには、最初に表紙ページ、次に目次ページで構成すると、本文は3ページ目以降になります。表紙ページのみページ番号の挿入をやめるのであれば、以下の図のように[ページ番号]ダイアログボックスにて、[最初のページにページ番号を挿入する]のチェックを外せばOKです。

ページ番号

 ただし、表紙だけではなく、目次ページにもページ番号を挿入したくない場合は、この方法では対処することはできません。かといって、表紙と目次部分を本文とは別ファイルにしようとすると、目次フィールドで「エラー! ブックマークが定義されていません」というエラーが発生してしまいます。

 なぜなら、対象とする本文と同じファイルに目次を挿入する必要があるからです。一旦同じファイルで目次を挿入したら、そのあと決して別ファイルに目次部分を切り離さないでください。

 この問題は、表紙・目次ページと、それ以降の本文ページの間でセクションを区切り、ヘッダーとフッターの設定を分けると解決できます。

 本稿では、表紙と目次が含まれた文書において、3ページ目以降からページ番号を挿入する方法を紹介します。

操作手順

 サンプルファイルの見出しスタイルでは、段落前で改ページするように設定されているため、見出しの先頭でセクション区切りを行います。

  1. サンプルファイル「sample.doc」を開きます。
  2. 本文の最初のページ(3ページ目)の見出しの先頭にカーソルを移動します。
  3. [挿入]-[改ページ]を選択します。
    [挿入]-[改ページ]を選択
  4. [改ページ]ダイアログボックスの[セクション区切り]の一覧から[現在のページから開始]を選択して[OK]ボタンをクリックします。
    改ページ
  5. [表示]-[ヘッダーとフッター]を選択します。
    [表示]-[ヘッダーとフッター]を選択
  6. [ヘッダーとフッター]ツールバーの[ヘッダー/フッターの切り替え]ボタンをクリックしてフッター領域へ移動します。
    [ヘッダーとフッター]ツールバーの[ヘッダー/フッターの切り替え]ボタンをクリック
  7. [ヘッダーとフッター]ツールバーの[前と同じ]ボタンをクリックします。
    [ヘッダーとフッター]ツールバーの[前と同じ]ボタンをクリック
  8. フッターセクション2において、「前と同じ」の表記がなくなったことを確認し、[ヘッダーとフッター]ツールバーの[閉じる]ボタンをクリックして、文書編集画面に戻します。
    [ヘッダーとフッター]ツールバーの[閉じる]ボタンをクリック
  9. [挿入]-[ページ番号]を選択します。
  10. [ページ番号]ダイアログボックスが表示されるので、ページ番号の挿入場所を指定して[OK]ボタンをクリックします。
    ページ番号
  11. 2ページ目にはページ番号が挿入されず、3ページ目からページ番号が挿入されました。
    2ページ目のフッターにはページ番号は挿入されていないが
    2ページ目のフッターにはページ番号は挿入されていないが
    ↓
    3ページ目からページ番号が挿入された
    3ページ目からページ番号が挿入された

備考

 見出しスタイルの作成と適用方法については、すでに紹介した記事『仕様書作成にどのツールを使う? スタイルの作成と管理 (4)を参考にしてください。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
60秒でできる!Microsoft Word Tips集連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

小濱 良恵(コハマ ヨシエ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/786 2008/11/05 09:27

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング