Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

オラクル、人事プロセスの合理化と社員エンゲージメントを向上する「HCM Cloud」の最新版

  2016/04/14 14:45

 オラクルは、4月6日(現地時間)、シカゴで行われたOracle HCM Worldにおいて、人事におけるさらなる変革を推進する「Oracle Human Capital Management(HCM)Cloud」のポートフォリオに新機能の追加を発表した。新ソリューションは、「Oracle HR Help Desk(HRHD)Cloud」と、ワークライフ・アプリケーションのポートフォリオに新たに追加された「My Volunteering」、および「Oracle Learning Cloud」の3種。

 「Oracle HCM Cloud」上で開発された「Oracle HRHD Cloud」は、同一のワークフロー、アナリティクス、ソーシャル機能、直感的なユーザー・インターフェースを活用し、セルフサービス機能を通じて従業員が必要な知識を迅速かつ容易に習得できるようになった。

 また、「Oracle HRHD Cloud」は、人事担当者個々が必要に応じてパーソナライズした情報を得られるように、全従業員に対する360度ビューを提供し、高度な検索機能も備えている。さらに、新ソリューションは、人事担当者による複雑な問題の解決に役立つ事例管理およびエスカレーション機能も提供する。

 オラクルのワークライフ・アプリケーションは、従来の人事アプリケーションの枠を越え、プロセス、イノベーション、従業員コミュニティをまとめて提供することで従業員のエンゲージメント向上に貢献するとしている。

 従業員による慈善活動の目標達成を支援するために、「My Volunteering」では従業員は自社がサポートしているボランティア・プロジェクトを特定し、これらの活動に素早く登録できるようにする。

 さらに「Oracle HCM Cloud」は、「Career Development」などのアプリケーションを通じて組織が従業員の関心に基づいて適切なボランティア・プロジェクトを提案できるようにするという。

 「Oracle Learning Cloud」は、あらゆるレベルの従業員がソーシャルなどを活用し、状況や場所を選ばず学習できるようにする。「Oracle Learning Cloud」の最新の強化ポイントは、SCORM 1.2/2004などのeラーニング標準のサポートと、学習コンテンツをビジネス・プロセスの前後関係に組み込めるようにするための新機能を提供する。

 「Oracle Learning Cloud」には、従業員が場所や接続性に関係なくトレーニング・コンテンツを利用するための「Offline Mobile Learning」アプリケーションも追加された。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5