Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

TIS、運用の自動化など、ITインフラのマネージドサービス「MOTHER」の機能を強化

  2016/05/23 15:15

 TISは、ITインフラのマネージドサービス「MOTHER」の機能を拡充し、新たなメニュー/機能の提供を開始することを発表した。

 「MOTHER」は、クラウドサービスやオンプレミスによるITインフラの統合管理を実現するマネージドサービスで、クラウドにもオンプレミスのシステム運用と同レベルの障害監視・性能分析・運用自動化などITインフラの管理、運用を支援する機能を提供しているという。

 今回、新たに拡充されたメニューと機能は次の3つになる。

 1. 運用の自動化サービス:システムに対する操作(アクション)を、定められたスケジュールや障害検知などのタイミング(トリガー)で実行できる新サービス。このサービスを活用して運用作業の一部をアクティビティ機能として登録することで、運用業務を自動化できる。これにより、手動作業の軽減を実現し、業務効率の改善と運用作業の正確性向上が可能になる。

 2. 対応プラットフォームの拡充:「MOTHER」で管理できるプラットフォームとして、従来のAWSに加え、VMware社が提供するオンプレミス「vCenter」と、TISが提供するクラウドサービス「TIS ENTERPRISE ONDEMAND Service」が加わった。これにより、オンプレミスや複数のクラウドサービスのITインフラを一元管理できるようになり、個別管理による運用業務の煩雑さの軽減や、業務効率の改善が可能になる。

 3. 管理権限のセキュリティ強化:「MOTHER」のポータル画面からできる管理権限の設定のセキュリィティを強化。ポータルを操作する端末のアクセス元IPアドレスの指定や、各種サービスおよび機能ごとの許可・禁止の権限の詳細が設定できるようになり、その権限を各ユーザーに合わせて適用できるようになった。これにより、顧客企業のセキュリティポリシーに沿った活用が可能になる。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5