Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

アセンテック、「Dell Wyseシンクライアント」のサポートサービスを提供開始

  2016/05/31 14:10

 アセンテックは、ディストリビュータとして提供している「Dell Wyseシンクライアント」について、販売パートナーに対する技術支援の強化を目的とした、「Dell Wyseサポートサービス」を5月31日から提供開始すると発表した。

 アセンテックは、1月16日にデルとDell Wyse製品についてディストリビュータ契約を締結した。これにともない、今回の「Dell Wyseサポートサービス」を始めとして、さまざまな独自のサポートサービスを提供することにより、Dell Wyse製品を販売促進いくという。

 「Dell Wyseサポートサービス」支援内容は次のとおり。

 ・Dell Wyse製品ハンズオントレーニング:独自の「Dell Wyse ThinOS」など、Dell Wyseソフトウェア製品(Wyse Device Manager等)の構築を、経験豊富な技術者がノウハウを交え伝え、実環境で構築を行うハンズオントレーニングを実施。

 ・サーバ貸出しサービス:サーバハードウェアや仮想化ソフトウェアの調達、さらに環境構築を実施するためにコストと負荷が発生し、機動的に準備することが難しいケースでは、アセンテックがパートナーに対し、環境構築済のサーバを貸出し、より容易にDell Wyse製品の検証を行うことが可能となる。

 ・Dell Wyse端末貸出しサービス:Dell Wyse製品の高い機能性を、顧客環境で実際に体感可能にするために、端末の貸出しサービスも無償で実施。顧客が実際に利用するほか、パートナーの検証にも利用可能。

 ・サードパーティ製品検証サービス:シンクライアント導入にあたり、認証ソリューションや周辺機器、ディスプレイなど、サードパーティの周辺ソリューションの検証が必要となる。アセンテックは、有資格の技術メンバーにより、指定されるサードパーティソリューションがDell Wyse製品で稼動するかについて検証を実施。

 また、「Dell Wyseサポートサービス」の提供開始に合わせ、DELL Wyseシンクライアントについて、アセンテックの提供するテクニカルサポートサービスを無償で提供するキャンペーンを5月31日から実施するという。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5