SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2023 春の陣

2023年3月14日(火)10:00~16:00

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

Security Online Press

標的型攻撃やサイバー銀行強盗の背後に国家の影――シマンテックが脅威レポートを発表

 シマンテックは「インターネットセキュリティ脅威レポート 22号」を発表した。最新の標的型攻撃やランサムウェア被害の傾向などインターネットセキュリティ脅威レポートのハイライトを、シマンテック マネージドセキュリティサービス 日本統括 滝口博昭氏が解説した。

標的型攻撃:国家が関与する攻撃や銀行強盗も

 当初、標的型攻撃といえば、企業が保有する個人情報や知的財産を狙うものが多かった。しかし近年では政治的な目的を持つ妨害や転覆工作が増えてきている。例えばウクライナの発電所にマルウェアなどが仕掛けられて停電したケース、米国の大統領選挙前に民主党全国委員会がサイバー攻撃をうけて内部資料が流出したケースがある。  

シマンテック マネージドセキュリティサービス 日本統括 滝口博昭氏

シマンテック マネージドセキュリティサービス 日本統括 滝口博昭氏

 捜査が進むにつれ、攻撃者の背後にある国が見えてきている。2016年2月にバングラデシュ中銀がサイバー攻撃を受け、不正送金が行われたケースもそうだ。犯人らは10億米ドルの送金を試みたところ、送金先のスペルミスなどで不正が発覚。それでも8100万米ドルほどは送金が成功。しかしこれも一部はフィリピンのカジノで回収に成功するなど、国際的な捜査協力が功を奏し、強奪と奪還の激しい攻防が繰り広げられた。  

 攻撃には銀行間の国際金融取引に使うSWIFTシステムを狙う独自のマルウェアが使われた。最近の捜査では、ツールや痕跡の分析からサイバー犯罪グループ「Lazarus」の可能性が指摘されている。このグループは過去にソニー・ピクチャーズへの攻撃にも関与したとされ、背景には北朝鮮があるとの見方が強まりつつある。セキュリティ関係者間では国家が関与するサイバー銀行強盗に警戒を高めている。

次のページ
メール:マルウェアを送り込む巧妙な文面、「現地調達」も

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
Security Online Press連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

加山 恵美(カヤマ エミ)

EnterpriseZine/Security Online キュレーターフリーランスライター。茨城大学理学部卒。金融機関のシステム子会社でシステムエンジニアを経験した後にIT系のライターとして独立。エンジニア視点で記事を提供していきたい。EnterpriseZine/DB Online の取材・記事も担当しています。Webサイト:https://emiekayama.net

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/9223 2017/05/02 06:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2023年3月14日(火)10:00~16:00

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング