オージス総研、Trend Micro DSaaSとBarracuda WAFをクラウド上で提供開始:EnterpriseZine(エンタープライズジン)
Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

オージス総研、Trend Micro DSaaSとBarracuda WAFをクラウド上で提供開始

2017/05/16 15:45

 オージス総研は、クラウド上に構築するシステムのセキュリティ対策として、トレンドマイクロのSaaS型総合サーバセキュリティ対策製品「Trend Micro Deep Security as a Service(DSaaS)」とバラクーダネットワークスジャパンのWebアプリケーション向けセキュリティ対策製品「Barracuda Web Application Firewall(Barracuda WAF)」を新たに加え、それぞれオージス総研独自の運用監視とセットにしてサービス提供を開始した。

 「Trend Micro DSaaS」は、トレンドマイクロが提供するSaaS型総合サーバセキュリティサービス。管理サーバ不要のサービスで、サーバにエジェーント型ソフトウェアをインストールすることで、サーバ保護に必要なセキュリティ機能をオールインワンで提供する。SaaS型のため、管理サーバの構築にかかる工数を短縮し、安全性の高いシステムを迅速に構築、運用することができる。

 また、「Barracuda WAF」は、バラクーダネットワークスジャパンが提供するWebアプリケーション向けのセキュリティ対策ソリューション。Webアプリケーションの脆弱性をつく攻撃からWebサイトを網羅的に保護。自動アップデートにより新種の脅威にも対応する。

 オージス総研が提供するクラウドセキュリティ対策サービスは、利用者側でセキュリティ対策を行う必要があるWebアプリケーション、ミドルウェア、仮想OSレイヤに適しているという。

 初期構築とあわせて24時間365日の障害発生時の一次対応、レポート提供、セキュリティ対策の設定変更などの運用監視サービスを提供することで、クラウド利用企業におけるセキュリティの運用スキル不足・人員不足の課題を解決し、短期間でより高度なセキュリティ対策を実現するとしている。

 ■クラウドセキュリティサービス

 ・サーバ侵入検知・防御:DSaaSの初期構築、運用監視

 ・Webサイト防御:Barracuda WAFの初期構築、運用監視

 ■関連サービス

 ・ログ監視(セキュリティログあんしんパック):DSaaS、Barracuda WAFと連携可能で、より詳細な攻撃ログなどの可視化レポートを提供。

 ・オージス総研のクラウドプラットフォームサービス:AWSやAzureのクラウド導入支援、運用監視、セキュリティ対策などをワンストップで提供。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5