Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

サイバーソリューションズのメール無害化ソリューションがプロットのファイル無害化エンジンと連携

2017/06/05 15:45

 サイバーソリューションズは、標的型攻撃対策に有効なメール無害化ソリューション「CyberMail-ST」が、プロットが提供するファイル無害化エンジン「Fast Sanitizer」と連携することを発表した。

 「CyberMail-ST」は、プロットが提供する「Fast Sanitizer」と連携し、添付ファイル内に悪意を仕込みやすい「マクロ領域」の除去や、PDFファイル内に仕込まれたJavaScript、画像ファイル内のメタデータなどの領域を全て自動的に無害化の上、メールに再添付することにより、標的型攻撃による情報漏えいを防ぐという。

 今回の連携により、セキュリティとユーザーの利便性のバランスを保ったインターネット分離を実現し、メール経由の脅威やリスクの排除ができ、企業の情報保全の強化およびメール関連業務の負担軽減をめざすとしている。

・CyberMail-ST Fast Sanitizer連携オプション(アカウント数分のCyberMail-STライセンスが必要)

  • オンプレミス型「CyberMail-ST Fast Sanitizer連携オプション」:2017年8月上旬提供予定
  • クラウド型「CYBERMAILΣ-ST Fast Sanitizer連携初期設定」:2017年7月中旬提供予定

・Fast SanitizerとCyberMail-ST連携ソリューション機能概要

  1. 添付されたファイルは、Fast Sanitizerにて無害化処理を行い、無害化済ファイルを再添付。
  2. 全件メールをCyberMail-STにて無害化処理を行い、イントラネットセグメントに転送。
Fast Sanitizer連携オプションのイメージ

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5