SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

著者情報

糸永 広昭(イトナガ ヒロアキ)

1996年ALSOK入社。常駐警備で警備の基礎を学んだ後、技術部門へ
転属。警備システムの設計・構築を、個人邸や一事務所から工場・
ショッピングセンター・大規模研究施設等、様々な規模で行ってき
た経験がある。

2008年より、物理セキュリティが主流の警備業界おいて、情報セキュ
リティに力を入れた「情報警備事業」の立ち上げメンバーの一員と
なる。
 

現在は情報警備事業の運用の要である、24時間・365日体制で
サービスを提供する、情報警備監視センターのリーダーである。
 


執筆記事

  • それなりにサイバー攻撃のセキュリティ対策を考える

    久しぶりの執筆になります。前回は昨年の2月だったので、最終回を前にして、実に1年以上間が空いてしまいました。震災後、本業が立て込んでいたとはいえ...

    3886_arena.png
    0
  • 事件は企業内で起きている!企業内におけるファイル共有ソフト使用の実態

    セキュリティ対策に関してはさまざまな情報が存在しますが、実際に起きた事例に関する話についてはあまり耳にすることがありません。今回は私が携わってい...

    2932_arena.png
    0
  • UTMを「それなりに」使いこなす術

    ネットワークログは、PCの操作を記録したログとは違い、通信を行った際のログであるため、ネットワークログならではのセキュリティ情報が含まれています...

    2696_arena.png
    0
  • 第7回 PCの操作ログが教えてくれること(後編)

    前回は、膨大な量のPC操作ログを分析する際に、必要な情報に絞り込むための方法について述べました。今回は、現在弊社が監視している200社以上のPC...

    2454_arena.png
    0
  • 第6回 PCの操作ログが教えてくれること(前編)

    2回にわたり、OSがWindowsのPCを例に、PCの操作ログ分析のポイントを挙げていきます。その中から「PCの操作ログからわかること」を見いだ...

    2331_arena.png
    0
  • 第5回 なんとしても抑制したい!ファイル共有ソフトの利用

    ファイル共有ソフト(以下、P2P)は導入までの敷居の低さ(費用がかからないフリーソフト)、本来お金を払わなければ手に入れることができないソフトウ...

    2263_arena.png
    0
  • 第4回 USBメモリからの情報漏えい対策

    使い勝手がよい半面、紛失・盗難のリスクも高いUSBメモリ。データでの情報漏えいの媒体・経路の上位にランキングされているのは、Web・Net(ウイ...

    2169_arena.png
    0

10件中1~7件を表示

戻る

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング