Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

SAPのクラウド化に悩んでいるなら2日間ください――マイクロソフトのGlobal Black BeltがSAP環境のクラウド化成功の秘訣を伝授

2018/05/17 06:00

 最近、SAP ERPやSAP S/4HANAのような基幹系システムをパブリッククラウドで稼働させる動きが活発化している。パブリッククラウドのサービスがさまざまな実績を積み、信頼性も可用性も向上したこともその一因だろう。とはいえ、いざSAP ERPなどをオンプレミスからクラウドに移行するとなれば、これまでとは異なる手間や苦労も発生するかもしれない。その際にクラウドベンダーは、いったいどのようなサポートをしてくれるのだろうか。

SAPをAzureでスムースに動かすことをサポートするプロフェッショナル集団

cap
マイクロソフトコーポレーション
グローバルブラックベルト セールス部
テクノロジーソリューションズ プロフェッショナル 
家田恵氏

 マイクロソフトはAzureを本格的に市場展開するようになってから、オープン化に大きく舵を切っている。「SAPがSAP HANAを提供したことで、マイクロソフトとはSQL Serverで競合する部分もあります。しかしながら、SAPのアプリケーションをAzureで動かすのは顧客も望んでいること。マイクロソフトでは、改めてSAPにフォーカスしています」と言うのは、マイクロソフトコーポレーション グローバルブラックベルトセールス部 テクノロジーソリューションズ プロフェッショナルの家田 恵氏だ。SAP HANAを動かすことに特化したベアメタルサービス (HANA ラージインスタンス) を提供し始めたこともその表れだ。

 さらに「SAPのアプリケーションは、企業のシステムの中心的な存在です」と、同じくマイクロソフトコーポレーション グローバルブラックベルト セールス部 テクノロジーソリューションズ プロフェッショナルの池本 仁氏も言う。SAPは企業のシステムの中でもシンボリック的な存在であり、Azureの安全性、信頼性などについても「SAPが動くなら大丈夫だよね」と多くのIT部門の人たちが口にしていると。

cap

マイクロソフトコーポレーション
グローバルブラックベルト セールス部
テクノロジーソリューションズ プロフェッショナル
池本仁氏

 こういった背景もあり、SAPのアプリケーションをAzureでスムースに動かすことをサポートする組織をマイクロソフトでは作ったのだ。これは「Global Black Belt」と呼ばれ、(黒帯レベルの)専門家で構成される組織だ。Global Black BeltにはアナリティクスやAI、IoTなど分野に特化したチームがあり、そのうちの一つが家田氏、池本氏が所属するSAP on Azureのチームだ。

 SAP on Azureのチームには、世界中に50人を超えるメンバーがいる。全てが「SAPのプロ」で、SAPに関する技術やビジネス経験が10年以上あるメンバーで構成されている。バックグラウンドはさまざま、池本氏のようにSI会社でSAPの導入やSAP周辺ソリューションの開発を長く経験した人もいれば、家田氏のようにコンサルティング会社でSAPソリューションを担当した人などもおり、SAP社から転職してきた人もいる。

 現状、SAP ERPのクラウド化を検討している企業は多い。今利用しているSAP ERPは、SAPのサポートの関係から2025年までにS/4HANAに移行する必要があるからだ。そんな中、SAP ERPを動かしているハードウェアの更新時期を迎える企業などでは、ここにきて5年償却のハードウェアを購入するのかに悩んでいるのだ。

 またSAP ERPなどを動かすために導入したハードウェアリソースを、じつは使い切っておらずもったいないと感じている企業も多い。SAP ERPを動かす際には、ピーク時の処理負荷に耐えうるハードウェアリソースを用意する。そうなると平均CPU使用率は10%以下となることも多い。そのため「大きくも小さくも柔軟にリソースを調整できるクラウドがいいのではと考える企業があります」と家田氏。

 その上でクラウド環境の昨今の性能向上、先行的な企業によるSAPアプリケーションの実績も増えた。であれば我々もやってみるかという動きが出てきているのだ。

 「安全らしいけれど安心できないとの感覚が以前はありました。クラウドベンダーがセキュリティの第三者認証を取得するなどで、それは払拭されてきました。また実際にデータセンターでどのような運用をすることで、安全性、信頼性を担保しているかの情報も増え、顧客が安心だと感じるようになっています」(家田氏)

SAP 環境のクラウド化アセスメント サービス (無償) による成果物サンプルはこちら
 
SAP 環境のクラウド化アセスメント サービス(無償) を試してみたいお客様
 日本マイクロソフト担当営業宛にご相談ください。また以下に記載されているフォームからもお問い合わせいただけます。コメント欄に「SAP 環境のクラウド化アセスメント実施希望」と記載の上、お気軽にお問い合わせください。
※パートナーの方もお問い合わせいただけます。
SAP環境クラウド化アセスメントについてのお問合せはこちら

著者プロフィール

  • 谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

    EnterpriseZine/DB Online チーフキュレーター ブレインハーツ取締役。AI、エキスパートシステムが流行っていたころに開発エンジニアに、その後雑誌の編集者を経て、外資系ソフトウェアベンダの製品マーケティング、広告、広報などを経験。現在は、オープンシステム開発を主なターゲットにし...

  • DB Online編集部(ディービーオンライン ヘンシュウブ)

    DB Online編集部 翔泳社 EnterpriseZine(EZ)が提供するデータベース/データテクノロジー専門メディア「DB Online」編集部です。皆様からの情報お待ちしています。 Twitter : https://twitter.com/db_online Fac...

バックナンバー

連載:DB Press

もっと読む

All contents copyright © 2007-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5