Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

「AI Ready」な企業データはどのようにして作るか?

edited by DB Online   2018/12/21 06:00

これからはWatsonがますます身近に 次の課題解決に向けてAIのマネージも

 最後に三澤氏はIBM Watsonに関する最新情報についても発表した。まずは日本のデータセンターの強化。IBMは9月17日から関東近郊に3つのデータセンターをオープンした。三澤氏は「全く異なる地層に配置しているため、よほど大きな大地震でも耐えられるようにしています。スーパー・ハイアベイラビリティを実現するクラウド基盤が強化されました」と話す。

 これからはWatsonがより身近で稼働できるようになる。これまでWatsonのインスタンスはIBMの海外データセンターにあったが、16のうち13のWatsonサービスは日本のデータセンターでも稼働し選択できるようになったという。またWatsonをプライベート環境で利用できる「Watson on ICP」も順次展開しているという。WatsonのAPIをコンテナ化し、オンプレミスのICPにWatsonを乗せることが可能なのだ。このように、ICPを要として、オンプレミスでもパブリッククラウドでも、そしてマルチクラウド環境でも、AIやデータそして企業のアプリケーションを動かすことができる選択肢を提供しようとしているのがIBMのアプローチだ。

スライド22枚目:Watsonがオンプレミスでも利用可能に
Watsonがオンプレミスでも利用可能に

 現状のAI活用の課題はデータ整備とされているが、次の課題と目されているのが「AIバイアスの極小化」だ。AIの普及につれ、AIが提示した結果についての信頼性、公平性、透明性、説明可能性、倫理性など、「AIバイアス」が問題視されつつある。そこでIBMではAIそのものを管理するために「AI OpenScale」を提供している。これはIBM Cloudライトアカウントでフリーミアム(無料から)利用できる。

 IBM CloudライトアカウントはDb2やWatson Studioなど30以上のサービスが利用できるため、スモールスタートで試すには有効だ。なかでも「Db2 on Cloud」は3分でデプロイ完了できるため、これまでオンプレで利用していたなら簡便さに感激するかもしれない。

 最後に三澤氏はこう述べて講演を締めた。「今年大きな投資をクラウド事業に行いました。ハイアベイラビリティを実現するパブリッククラウドとしてはナンバーワンのファンクションを提供できるようになってきたと思います。IBMはクラウド、オンプレミスを問わず、皆様のDX実現をお手伝いするためのサービスや製品拡充に力を入れていきたいと思います」



著者プロフィール

  • DB Online編集部(ディービーオンライン ヘンシュウブ)

    DB Online編集部 翔泳社 EnterpriseZine(EZ)が提供するデータベース/データテクノロジー専門メディア「DB Online」編集部です。皆様からの情報お待ちしています。 Twitter : https://twitter.com/db_online Fac...

  • 加山 恵美(カヤマ エミ)

    EnterpriseZine/Security Online キュレーター フリーランスライター。茨城大学理学部卒。金融機関のシステム子会社でシステムエンジニアを経験した後にIT系のライターとして独立。エンジニア視点で記事を提供していきたい。EnterpriseZine/DB Online&nbs...

バックナンバー

連載:DB Online Day 2018 Powered by IBM
All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5