Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

アクロニス・ジャパンは、イメージバックアップからサイバープロテクションのベンダーへ!

edited by DB Online   2019/08/07 07:00

 イメージバックアップのソリューションから、サイバープロテクションのベンダーに変わりつつあるのがAcronisだ。同社の提供してきたデータ保護のためのAcronis Data Cloudも、新たにAcronis Cyber Cloudと名前を変え、データ、アプリケーション、システムをサイバー攻撃から保護するソリューションとなっている。

サイバーセキュリティとデータ保護の組み合わせてサイバープロテクションを実現する

 Acronisはスイスとシンガポールに本社を置き、世界中に1,500人ほどの社員を擁する規模となっている。2019年には、グローバルで30%のビジネス成長も達成している。「Acronisではエッジとエンドポイントにフォーカスしています」と語るのは、Acronisの設立者でCEOのセルゲイ・ベロウゾフ氏だ。

 Acronis CEO セルゲイ・ベロウゾフ氏
Acronis CEO セルゲイ・ベロウゾフ氏

 10年後には、世界中で1,000億台ものデバイスが利用されるようになると言われている。それらは、ビジネス、生活の中のあらゆるシーンで使われる。それぞれの利用状況の中に、サイバー攻撃などのさまざまな脅威がある。これまでのサーバーやPCを守れば良かった状況から、サイバープロテクションのランドスケープが変わるとベロウゾフ氏は見ている。新たなランドスケープの中では従来の予防も必要だが、リカバリーが極めて重要だと指摘する。

 その上で、増え続けるデータを保護することが重要だ。さらにプライバシーも大事でアクセスをコントロールでなりすましを防ぐ必要もある。「これら全てが実現されないと、データを将来に亘り信頼して使えません」とベロウゾフ氏。そのためのサイバープロテクションは、従来のサイバーセキュリティとデータ保護を組み合わせていかなければならないというわけだ。

 Acronisではサイバープロテクションのために、Acronis Cyber Infrastructureを提供している。これはソフトウェア定義型のコンピューティング、ネットワーク、ストレージで構成され、汎用性の高いインフラになっている。このインフラの上にAcronis Cyber Platformがあり、このプラットフォームはオープンソース・ソフトウェアで構成されている。そしてその上ではイメージバックアップ機能を提供するAcronis Backupなど、複数のAcronis Cyber Serviceが動くことになる。Acronis Cyber Serviceはパッケージ化されており、Acronisのパートナーが自社のサービスとしてカスタマイズして提供できるようになっている。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


著者プロフィール

  • 谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

    EnterpriseZine/DB Online チーフキュレーター かつてAI、エキスパートシステムが流行っていたころに、開発エンジニアとしてIT業界に。その後UNIXの専門雑誌の編集者を経て、外資系ソフトウェアベンダーの製品マーケティング、広告、広報などの業務を経験。現在はフリーランスのITジ...

バックナンバー

連載:週刊DBオンライン 谷川耕一

もっと読む

All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5