Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

DB Online 2011 May Oracleに買収されたMySQLは「いま、どうなの?」

edited by DB Online   2011/05/16 11:30

Sun Microsystemsが買収されたことにより、Oracle配下となったMySQL。商用データベースベンダーの雄Oracle配下となったがためにオープンソースの「MySQLはもう終わりだ」などと悲観的な意見も多数聞かれる。買収後、実際のところMySQLにはどのような変化があり、今後どうなっていくのだろうか。
 

不安はあるものの、「従来通り、むしろ従来以上」の約束も

日本オラクル MySQL Global Business Unit Asia Pacific & Japan担当 MySQL Principal Sales Consultantの梶山隆輔氏は、セミナーの冒頭でこう語った。2011年5月11日、日本Oracleは「MySQL 最新ロードマップセミナー 2011 東京」を開催した。

「買収当初は、この先どうなるのかと不安でした」
と語る梶山氏

講師を勤めた梶山氏は、Oracleに買収された当初はこの先どうなるのかと不安だったと当時を振り返る。とはいえ、その後、米国Oracle本社からは、「従来通り、むしろ従来以上に開発を行い製品を提供していく」ことが約束され、OracleとMySQLを共存させ、相互補完して利用できるようにするとのメッセージが出ているとのこと。

Oracleによれば、MySQLの推奨される適用範囲として挙げているのが、Webベースのアプリケーション、部門レベルで利用するアプリケーション、そして組込みのアプリケーションだ。組込みはすでに実績のある分野で、たとえばAdobe CSシリーズにおいてはMySQLが含まれており、ユーザーは知らないうちにMySQLを利用している。フットプリントの大きいデータベースでは適さない用途には、これからも積極的にMySQLを推奨していくようだ。

Oracleとして初のメジャーバージョンアップ MySQL 5.5

そのような動きの中、2010年12月にはOracleとして初のメジャーバージョンアップ MySQL 5.5の提供が開始された。この最新版を顧客やユーザーコミュニティはどのように捉えたのだろうか。

「前バージョンのMySQL 5.1の最初の製品は、残念ながら多くのバグを含んだものでした。今回、メジャーバージョンアップとして最初の製品を提供したわけですが、従来よりも格段に製品品質が上がっています。そのことは、顧客やユーザーコミュニティも評価しているポイントです」と梶山氏。

メージャーバージョンアップした際の最初の製品は使わない、というのはソフトウェア製品ではよくあることだ。MySQLもこれまではそういう傾向が強く、最初の製品には多くのバグが潜んでいることがあったとか。それが、さすがに商用エンタープライズソフトウェアで世界No1企業の製品となったおかげで、開発、テストの品質チェックは、Sunの時代よりも格段に厳しくなっており、結果として確実に製品品質は向上している。

「買収直後から、顧客やユーザーコミュニティの人に会うと、いま、どうなの?というのが定番のあいさつでした。それに対する私の応えが、5.5が出てからは確実に前向きなものになりました。」(梶山氏)


著者プロフィール

  • 谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

    EnterpriseZine/DB Online チーフキュレーター かつてAI、エキスパートシステムが流行っていたころに、開発エンジニアとしてIT業界に。その後UNIXの専門雑誌の編集者を経て、外資系ソフトウェアベンダーの製品マーケティング、広告、広報などの業務を経験。現在はフリーランスのITジ...

バックナンバー

連載:DB Press

もっと読む

All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5