Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

WindowsAzureで開発環境はどのように変化するのか?

  2009/05/15 09:00

前回までは、ビジネスとテクノロジーの観点から、WindowsAzureについて俯瞰しました。今回は、クラウド上のサービスやそれらを利用したアプリケーションを設計・開発する際に、開発者が利用できる統合環境Azure Services Platformの全体像を紹介していきます。

多様なユースケースに応える開発者向けサービス群

 OSとしてのWindows Azureの説明に続き、クラウド上のサービスやそれらを利用したアプリケーションを設計・開発する際に開発者が利用できる統合環境Azure Services Platformの全体像を紹介していきます。

 これまで、マイクロソフトは開発生産性を高めるお手伝いをしてきました。例えば、クライアント・サーバーモデルでは、様々なアプリケーションで共通して必要とされる認証やワークフロー、データ管理の仕組みなどを、ミドルウェアや開発フレームワークとして提供しました。

 Azure Services Platformは、クラウド側に展開される開発フレームワークやSDKの集合体と言えます。クラウド環境における効率的なアプリケーション開発を実現するべく提供されるものです。

図1:Azure Services Platform(クラウド側にも多様な開発者向けコンポーネント群を展開)
図1:Azure Services Platform(クラウド側にも多様な開発者向けコンポーネント群を展開)

 Azure Services Platformでは、クラウド環境の多様なユースケースが想定されています。例えば、Webサイトの拡張のようにコンシューマー向けに価値を発揮しやすいID認証や、同期処理、空間情報管理、モバイルを含むSilverlightアプリのオフライン実行環境などを包含する 「Live Services」などが挙げられます。

 その他にも、エンタープライズ領域におけるActive Directoryとのフェデレーション認証やワークフロー構築を支援する「.NET Services」のほか、SQLによるデータアクセスを踏襲した「SQL Services」などのビルディングブロック群が順次展開されてゆく予定です。

 これらを利用することで、クラウドを利用したアプリケーション開発がより身近なものとなるはずです。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


著者プロフィール

  • 砂金 信一郎(イサゴ シンイチロウ)

    マイクロソフトでクラウドコンピューティングやWebサービスを中心とした啓蒙活動を行うエバンジェリスト。過去のキャリアを活かし、ソフトウェア技術者とマーケター、さらに戦略コンサルタントの顔を使い分けながら啓蒙活動を展開。日本オラクルにおいて、ERPから情報系ポータル、新規事業立ち上げまで幅広く経験。そ...

バックナンバー

連載:0から分かるWindowsAzure入門講座

もっと読む

All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5