Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

モバイルブロードバンド時代の新市場 ~LTE / WiMAX時代の注目市場・分野はどこか~ 「2010~2012年で、次の10年を担う新インフラが登場する」通信ジャーナリスト神尾氏が予測する、モバイルビジネスの未来

  2010/01/08 07:00

 11月25日に開催されたmobidec 2009。A-5セッションでは、モバイルICTおよび先進交通分野のジャーナリストである神尾寿氏が、デバイス、ユーザーの変化、そして、モバイルブロードバンドサービスの新潮流から、モバイルコンテンツ・サービス業界が今後の10年においてどのような舵取りが求められるかを語った(MarkeZineと共同掲載)

この10年間で起こった劇的なインフラの進化

 講演の冒頭、神尾氏は“750”という数字を提示した。この数字はこの10年間の通信速度の進化を表している。1999年時点でのiモードの通信速度が9.6Kbps。それが現在、3Gでは最速7.2Mbpsになり、この10年間で750倍も通信速度が進化している。海外では、未だに384kbpsが主流の地域があるということを考えると、日本のインフラが急速に発展してきたと言える。さらに今年、UQWiMAXが最大40Mbpsでサービス提供を開始している。UQWiMAXは以前、年内の開局数を5000局としていたが6000局へと増やした。UQWiMAXもイー・モバイルもエリアを着実に拡大させてきている。

通信・ITSジャーナリスト 神尾寿氏
通信・ITSジャーナリスト 神尾寿氏

 また、ユーザーからもモバイルブロードバンドのニーズが高まりつつあり、大容量で高速なインフラが必要になってきている。この状況はキャリアにとっては、需要を作りつつ投資を迫られる二重構造になっているため負担は増しているという。だが、キャリア間競争が活性化することで、2010年から2012年の間には新しい次の10年を担う新インフラが登場すると神尾氏は考えている。

 次世代のインフラについて神尾氏は、ドコモ横須賀研究所での取材内容を披露し、技術的には周波数の割り当て次第で250Mbpsが可能なことを明かした。では、需要はどうか。AdMobの調査によると、全世界のケータイによるデータ通信トラフィックの44%をスマートフォンが占める。スマートフォンの端末数自体は市場の約10%であることを考慮すると、端末数が少ないわりに圧倒的にデータ通信量が多いことが見て取れる。スマートフォンがこれからさらに普及すれば、さらにデータ通信量の増加が見込まれる。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


著者プロフィール

  • 森 英信(モリ ヒデノブ)

    出版物やWeb・モバイルコンテンツの企画制作事業を手がける、株式会社エフエックスビイ代表。最近企画した書籍に『FFmpegで作る動画共有サイト』(毎日コミュニケーションズ)、『Flashでデザイン差がつくBlogサイトの作り方 2nd Edition』(アスキーメディアワークス)、『かんたんPhot...

バックナンバー

連載:Events & Seminars

もっと読む

All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5