EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

仮想通信空間を実現する新型ネットワークコミュニケーションサービス 網屋、仮想IP技術を利用した新サービス「Verona」の提供を開始

  2010/11/17 15:56

網屋は、仮想IP技術を利用した新しいネットワークコミュニケーションサービス「Verona(ベローナ)」を11月17日より販売する。
 

「Verona」は、IP-VPNを使って拠点間接続を行う従来型のVPNサービスと異なり、インターネット公衆回線を利用して、特殊な仮想IP空間でセキュアな通信を行うことのできる新しい仕組みだという。

これにより、ユーザはインターネットVPN利用時に、拠点ごとのプロバイダ固定IP契約料を支払う必要がなくなるため、ハイセキュリティなVPN通信を維持しながら、コスト削減の実現が可能だという。

「Verona」は、契約時にレンタルする「V-edge」ルータを設置するだけで、ゼロコンフィグレーションで拠点間接続環境を構築。複雑なネットワーク設定などは、すべて集中管理センター「CAS-Center」で行うため、すぐにVPN環境が利用可能だという。

発表によると、「多拠点店舗とPOSシステムの通信を本社とのVPN接続」「外部協力会社と社内ネットワークの開発担当者同士だけの通信」「遠方に多数設置している監視カメラの映像を本社で集中監視」などの用途に適したソリューションであるとしている。

また、「Verona」の仮想IP空間は、WANだけでなく社内LANでも同一の概念で使用できるため、「社内のLAN環境でユーザー別に細かいアクセス制御を行う場合などにも適用可能だという。

■詳しくは
http://www.amiya.co.jp/solutions/verona/
 

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5